性格悪いと評判の羽生結弦の母親・父親・兄弟(姉・両親・家族写真)

羽生結弦 性格 悪い

(上の画像は、ぷーさんのぬいぐるみで一緒に遊ぶ

羽生結弦選手と織田信成元フィギュアスケーターの写真です。

「性格が悪い」「好きになれない」

とアンチスレが良く立つ羽生結弦さん。

しかし、このようにプライベートでは

意外と他人と仲良くやっているようにも見えますが・・・?)

 

 

今や日本を代表する世界トップクラスのフィギュアスケーターとなった

羽生結弦(はにゅう ゆづる)選手。

現在も注目度は非常に高く、期待されているのか

他の競技のオリンピック選手と比較しても

雑誌やテレビ等のメディア露出が全然違いますね。

 

 

そんな羽生結弦選手の家族についてですが、

「フィギュアスケートを子どもにやらせるということは、

絶対両親は金持ちなんだろう」

と思ってしまいがちですが、

調べてみると、意外と一般的な家庭だということが判明してきました。

 

 

そこで、今回は羽生結弦選手を支える母親・父親の職業、

家族構成から大きな支えとなった兄弟(姉)の存在、

そして、なぜ羽生結弦選手が性格悪いと嫌われることが多いのか?

その原因・理由についてもまとめました。

 

関連記事

羽生結弦のコーチ、ブライアン・オーサーの評判 日本嫌いは本当か?

ブサイクと評判の安藤美姫の結婚相手の旦那と子供の父親は誰?(画像)

かわいいと評判の本田真凜の兄弟画像と両親(父親・母親)の職業(家族)

宮原知子の両親の職業(仕事)と家族写真 あとコーチの名前と画像

宇野昌磨の両親・兄弟の名前・職業・家族構成(画像)あとコーチの写真

萩野公介に彼女はいるのか?(画像)水泳五輪金メダリストの結婚相手の嫁

 

羽生結弦の母親画像 子供のためにサポートする毎日には脱帽です

 

羽生結弦 母親 画像

上の画像の女性が、

羽生結弦選手の実の母親の顔写真で、

名前を羽生由美さんと言います。

 

 

よくインターネット掲示板(2ch)などで

「羽生結弦はどんな時にも母親が離れずついている」

という噂話が流れています。

そして、その原因の一つとなったのが、

カナダへ母親の羽生由美さんと一緒に

移住したこともあるほどの経歴にあると思われます。

 

 

2011年に史上最年少でメダリストとなっていた

高校3年生の羽生結弦選手は、

かつてキム・ヨナの指導者だった名コーチ・

ブライアン・オーサーに師事するために

カナダのトロントへ引っ越します。

その時、母親と二人暮らしの生活をしていたのですが、

カナダは肉料理が多いので体調が悪くなり、

生活環境や言葉の壁にもぶつかったそうです。

 

 

そんな羽生選手のために、

母親の羽生由美さんは消化の良い鍋料理を考案したり、

息子のために支え続けていたと言います。

 

 

その他にも、東日本大震災で

地元のスケートリンクが大打撃を受けた際、

スケート連盟に頭を下げて羽生結弦選手が

早く練習できるよういち早く動いたのもお母さん

元々ぜんそく持ちでホコリの少ない屋内のスポーツをと

フィギュアスケートを勧めたのも母親と、

羽生由美さんの努力なくしては

息子の結弦さんがここまで世界的なスケーターになることは

不可能だったのかもしれません。

 

 

もちろん、体幹が強くアスリートとしての才能があった

羽生結弦選手自身のセンスの要素もありますが、

親子二人三脚で頑張ってきたのが羽生家の本当の姿なんですね。

 

 

ちなみに、羽生結弦選手のお母さんについては、

「怖い」性格だという噂も流れています。

その原因が、マスコミか誰かが羽生結弦に触れようとしたその時、

「触らないで!」と大きく叫んだという話です。

 

その他にも、成績が悪く大会出場が危ぶまれたときに

恋愛禁止令を出したり、携帯電話を持たせないようにして

スケートに集中させるよう指示を出したこともありました。

 

 

この一連の言動が理由のひとつとなって、

「羽生結弦選手の母親は怖い」

「羽生結弦はマザコンなのではないか?」

という噂話が出るようになったみたいです。

(後述しますが、実際には羽生結弦選手は

見た目とは裏腹に結構男らしい性格という話もあります。)

 

 

羽生結弦の父親の職業は教師だった

 

羽生結弦 村上佳菜子 ツーショット写真

(上の画像は、女子フィギュアの村上佳菜子選手と

羽生結弦選手が一緒にポーズを取ったときの写真です。

羽生結弦選手は他の選手に嫌われて孤立しているという話もありますが、

実際には試合中に他の日本人選手を声に出して応援していたり、

こうして仲間とふざけ合ったりしているという事実もあります。)

 

 

羽生結弦選手の父親の名前は羽生秀利さんと言う方で、

職業は中学校の教頭先生をしているそうです。

 

 

フィギュアスケートを子どもにやらせている家庭は

費用が相当かかるので金持ちだという認識が

日本では広がっています。

しかし、羽生結弦選手のお父さんの仕事は

普通の国家公務員なので、

一般家庭よりかは裕福だと思われますが、

実際はそこまで大金持ちではない家なんですね。

 

 

「スケートは嫌なら辞めていい」と言ったのは父親だった

 

 

父親の羽生秀利さんは野球部顧問の経歴もあり、

学生時代野球をずっとやってきた野球少年だったため、

羽生結弦選手が小学生の頃、

「スケートは嫌なら辞めてもいい。

野球の方がお金もかからないからな。」

と話したことがあったそうです。

 

 

この父親の発言に、

子供だった羽生結弦選手は

今後どうするか相当悩んだそうです。

ただ、自分の心の中でしっかりと考えると、

結果は「スケートを続けたい」ということになったので、

結局野球をやることはなかったそうです。

 

 

自主性を重んじる教育

 

 

また、羽生結弦選手の両親は

子供の教育に自主性を重んじているようで、

自分で物事を考え、自分の意思で動くように意識してきたそうです。

そして、息子がやりたい道は

徹底的にサポートするということでしたが、

これはご両親のこれまでの動きを見ると良くわかりますね。

 

 

その他にも、父親の羽生秀利さんは

いかにも教育者らしく

「スケートだけの人間にはなるな」

としつけ、勉強も手を抜かないように言っていたそうです。

 

 

そのため、羽生結弦選手の学校の成績はとても良く、

遠征先にも参考書を持っていって

暇があれば勉強するそうです。

最近「羽生結弦のような子供に育てたい」

と思う世のご両親達が大勢いるようですが、

やはり親が子に与える影響ってとても大きいんですね。

 

 

羽生結弦の兄弟画像 姉もフィギュアスケート経験者だった

 

羽生結弦 姉 画像 兄弟写真

 

上の画像の子どもたちは、

幼少の頃の羽生結弦選手とそのご兄弟、

お姉さんの写真です。

 

 

羽生選手の姉は4歳年上なのですが、

実は、お姉さんもフィギュアスケート経験者でした。

しかし、兄弟揃ってフィギュアをやるとなると、

経済的にどうしても苦しくなってしまうため、

「結弦がスケート辞めるくらいなら私が辞める」

と言いだしたのは、お姉さんだったと言います。

 

 

昔はお姉さんを目標にスケートに打ち込んでいた

という羽生結弦選手。

過去は良きライバル同士でしたが、

今ではスケートをやるのは自分のためだけではなくて、

姉のためにも、家族のためにもやらなければならない

という強い責任感があるそうです。

 

 

姉の名前は「さや」なのか?

 

 

羽生結弦選手のお姉さんの名前が

「さや」という名前で紹介されている情報を目にする時がありますが、

これは違うのではないかと言う話もあります。

 

 

その理由なのですが、

羽生結弦選手のファンであるNMB48のメンバー

山本彩さんが羽生結弦選手のポーズを真似するなどしており、

その画像をネット上にあげたことが原因となっているようです。

 

 

そして、山本彩さんのあだ名は

「さや姉」です。

つまり、さやお姉さんが「ゆづるくん」「ゆづるきゅん」

と言いながらアピールしていることで、

羽生結弦選手のお姉さんの名前が「さや」

だと勘違いされてしまっているのではないかという事です。

 

 

余談ですが、羽生結弦選手のお姉さんは

大学進学の時にスケートを辞め、

今現在はアイスリンク仙台で働いているそうです。

あと、羽生結弦選手が母親そっくりなのと同じで、

姉もお母さんと似ていて美人でかわいいと言います。

 

 

羽生結弦選手の性格は悪いのか?「嫌い」人格が問題視された原因とは

 

羽生結弦 ケガ 試合 画像

 

上の画像は、転倒した際に頭を流血してけがをした羽生結弦選手が、

包帯を巻いてそのまま大会に出場した時の写真です。

このように、何が何でも滑ろうと心がける姿勢の強さから、

相当な負けず嫌いであり、

端正な顔立ちとは裏腹に、本当は男らしい性格なんだそうです。

 

 

しかし、羽生結弦選手のいろんな所から見える態度から

「嫌い」「好きになれない」

という意見もチラホラあります。

そこで、おおまかにですが

羽生結弦選手が嫌いだという理由を以下にまとめてみました。

 

 

「自分に酔っている感じがいけ好かない。」

「行動が女々しくて本当に無理。」

「動作一つ一つがむかつく。」

「インタビュー聞いててイライラする。」

 

 

確かに、男性なのにぷーさんが好きで

リンク上にも持ってきたり、

少し女々しいと思えるポーズを取ったりすることがあるので、

それが「気持ち悪い」「嫌悪感を感じる」と感じる人もいるようです。

 

また、アスリートなら自分に自信を持つ

メンタル面の強さは必要だと思いますが、

普段テレビなどで見るしぐさが少し傲慢で

自分勝手で痛いとも見えるようですね。

 

 

このほかにも、格下の相手に試合に負けた際に

「(ジュニア3位のガチンスキー選手に負けて)

ジュニア一位が3位に負けたんですよ。

ああ考えただけで腹が立ってきた。

もう無性に練習したくなってきた。」

と、相手の事を考えていないとも捉えられる言葉が

批判の的になったりしていました。

 

 

ただ、これらの批評は

有名になりすぎた羽生結弦選手へのやっかみも

含まれていると思います。

 

実際に、羽生結弦選手のある同級生の話では、

羽生結弦選手がメディアで笑顔の姿を見ると

「あの羽生が。」「頑張ってるんだな。」

と驚いたそうです。

そのため、普段はアスリートらしく

もっと寡黙で静かな雰囲気なのではと思われます。

 

 

また、上の著書「蒼い炎」では

羽生結弦選手が幼い頃、

他のスポーツをやるか迷ったこと、

本当にありたい姿や目指すところなどが書かれています。

 

そして、文章中には「悔しい」という言葉が

よく出てくるところから、

やはり精神的な強さや負けん気の強さは

人一倍なんだなと言うことが分かります。

いろいろ言われてはいますが、

さすが金メダリストは内面の強さが違いますね。

 

 

関連記事

羽生結弦のコーチ、ブライアン・オーサーの評判 日本嫌いは本当か?

ブサイクと評判の安藤美姫の結婚相手の旦那と子供の父親は誰?(画像)

かわいいと評判の本田真凜の兄弟画像と両親(父親・母親)の職業(家族)

宮原知子の両親の職業(仕事)と家族写真 あとコーチの名前と画像

宇野昌磨の両親・兄弟の名前・職業・家族構成(画像)あとコーチの写真

萩野公介に彼女はいるのか?(画像)水泳五輪金メダリストの結婚相手の嫁

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ