稀勢の里寛の家族構成(両親画像)日本人横綱の父親・母親と兄弟(姉)

(引用元:http://www.asahi.com/articles/photo/AS20170122002238.html)

 

(上の画像は、見事初優勝を果たした元大関の稀勢の里寛の記念写真です。めでたく日本人横綱になれて、ご家族もうれしそうです。(画像の稀勢の里の上でバンザイをしている男性が父親、その左側にいる女性が稀勢の里の母親です。))

 

2017年の大相撲初場所で優勝を果たした稀勢の里寛(きせのさと ゆたか 本名・萩原寛(はぎわら ゆたか))。

 

大関に昇進してから31場所で初優勝という記録は、琴奨菊の26場所よりも多く、歴代でもっとも遅いそうです。

しかし、そんな状況に追い込まれてもひたむきに相撲に取り組み、勝利をつかむ不屈の精神力はさすがの一言ですね。

 

横綱審議委員会が横綱昇進を推薦したことで、春場所番付編成会議と臨時理事会を経てから第72代横綱に昇進が予定されています。

 

 

ところで、上の賜杯(しはい)を受け取る際の画像では、普段は「国技館」に息子の相撲の応援に来ることもあまりないという稀勢の里の母親も一緒に写っています。

 

そこで気になるのは、稀勢の里のご両親とは、一体どのような方なのでしょうか?

今回は、稀勢の里寛の家族構成と、父親・母親・兄弟(姉)についてまとめました。

 

関連記事

照ノ富士春雄の彼女画像 モンゴル出身力士の結婚相手の嫁は同郷?

KYな性格の稀勢の里寛に結婚相手(妻)の彼女はいるか?優勝逃す理由も

鶴竜力三郎の妻・子供(奥さん画像)結婚相手の嫁はモンゴル美人!?

豪栄道の家族構成(父親・母親・兄弟(姉)画像)過去の経歴・学歴

佐ノ山親方(元力士・千代大海龍二)結婚相手の嫁画像(妻・奥さん写真)

子供の名前がDQNネームの白鵬の妻画像 可愛い夫人との離婚・引退説

かわいいと評判の琴奨菊の奥さん画像・名前・前妻と婚約破棄の原因

 

稀勢の里寛の家族構成 日本人の新横綱の家庭は、一般的な4人家族みたい

 

 

稀勢の里寛の家族構成ですが、父親・母親・姉と稀勢の里の4人家族です。

また、ご両親の経歴や職業に就いては後述しますが、稀勢の里がご両親の家を建てた時、父親が

 

「自分の年金では建てられない」

 

と、インタビューで答えていました。

記者からの質問に対するこの言葉などを考えても、稀勢の里一家はメチャクチャ金持ちでも貧乏でもない、ごくごく普通の一般家庭だと思われます。

(今は稀勢の里がメチャクチャ稼いでいるはずなので、お家も裕福かもしれませんが)

 

稀勢の里寛の父親 職業は元プロボクサー!?

 

(引用元:http://www.asahi.com/articles/photo/AS20170122002209.html)

 

上の画像の中央にいる、拍手をしている男性が稀勢の里寛の父親で、名前を萩原貞彦さんと言います。

年齢は今年で71歳(2017年1月現在)で、子供の稀勢の里寛とは結構親子間の年齢差があります。

 

「稀勢の里のお父さんは元プロボクサーで、もともと息子の稀勢の里には格闘技の才能があった。」

 

という噂もありますが、稀勢の里の父親は元「アマチュア」ボクサーだったらしいので、バリバリ世界で戦いまくっていたというわけでもなさそうです。

しかし、格闘家としての才能や不屈の精神はおそらくお父様からの遺伝なのではないかとも思いますね。

 

特に、稀勢の里の大きく恵まれた体格は鳴戸親方が熱心に両親を説得して相撲界へ引き抜いたほどです。

学生時代は野球をやっていた稀勢の里は「自分はデカいだけ。野球は上手くない」と超謙虚な姿勢を貫いていました。

しかし、見る人が見るとそれ自体が天性の才能のひとつだったんですね。

 

 

ちなみに、稀勢の里の父親の職業については明らかになっていませんが、過去にアマチュアでボクシングをやっていたということは、体力はあるでしょうし職人や力仕事関係の職に就いて働いていた可能性はありますね。

今現在、稀勢の里の父君は高齢ですし、年金をもらっているような発言をしていましたので、もうお仕事はしていないのではないかと思います。

 

息子の稀勢の里が横綱になったときの父親のコメントが優しい

 

稀勢の里のお父様。アマチュアでも元ボクサーと聞くと、ちょっと怖くて気性が荒そうなイメージを持ってしまいそうになります。

(実際には謙虚で真面目な方が多いらしいですが)

 

しかし、稀勢の里の父親は、稀勢の里が優勝した際に、次のようにコメントを残していました。

 

「横綱になったら、自分だけでなく日本のために相撲をとることになる。伝統、文化も継承しなくてはいけない。大関のほうが気楽かなと思うところもある。責任も違うが、それでも一番上に立つことはうれしい。」

 

また、優勝して横綱になることで「かわいそう」だとも漏らしていました。

 

実の息子が優勝したことについては素直にうれしい反面、今後は横綱として、大相撲のトップの一人としての重圧が重くのしかかることを心配している節もあります。

 

いくつになっても自分の子供がかわいいと思うのは当然の事だと思います。稀勢の里へ対するこの上ない優しさが感じられるコメントですね。

 

稀勢の里寛の母親 普段は家で応援しているみたい

 

稀勢の里の母親の名前は裕美子さんと言います。年齢は61歳(2017年1月現在)で、お父様とは10歳年下のお母様です。

 

優勝がかかった試合当日は、きっちり観戦に来ていましたが、自身の息子である稀勢の里の試合はほとんど見に行くことはないと話していました。

優勝が確定した当日は白鳳を打ち倒す所を見て、何度もハンカチで涙をぬぐって感動したといいます。

 

ただ、普段はテレビ中継で対戦の様子をリアルタイムで見て応援しているそうです。

もう還暦も過ぎてますし、毎回応援に行っていたら体力的にも金銭的にもキツイですしね。

 

 

稀勢の里寛の兄弟には姉が1人 性格は違うかも?

 

稀勢の里寛の兄弟には、1歳年上の姉が1人いるそうです。

 

お姉さんの名前は央恵(ひさえ)さん。

歳が近いこともあって、小さい頃は同じ幼稚園・学校へ通っていたそうです。

 

稀勢の里は、幼稚園でのお昼寝が苦手で、ずっと外で行動するような活発な子だったのに対し、お姉様の央恵さんについてはそういったエピソードは明かされていません。(有名人なのは稀勢の里なので仕方ないですけれど)

 

なので、弟の稀勢の里とは違い、姉は面倒見の良い物静かな女性、という感じかもしれません。

性格も稀勢の里が謙虚で優しいと評判ですしね

 

 

相撲増刊 誕生!新大関・稀勢の里 2011年 12月号 [雑誌]では、稀勢の里が大関昇進時に出版された雑誌です。

師匠が亡くなってからも、勝てず終いな日々が続いても、ひたすらに上を目指し努力し続けたのは、さすが横綱になった男だなあと感じざるを得ません。

 

ちなみに、上の雑誌では稀勢の里の幼少期や入門時の写真も掲載されていて、稀勢の里の歩んだ道のりを垣間見ることができます。

 

横綱になってからも、日本人力士の一人として頑張っていってほしいですね!

 

関連記事

照ノ富士春雄の彼女画像 モンゴル出身力士の結婚相手の嫁は同郷?

KYな性格の稀勢の里寛に結婚相手(妻)の彼女はいるか?優勝逃す理由も

鶴竜力三郎の妻・子供(奥さん画像)結婚相手の嫁はモンゴル美人!?

豪栄道の家族構成(父親・母親・兄弟(姉)画像)過去の経歴・学歴

佐ノ山親方(元力士・千代大海龍二)結婚相手の嫁画像(妻・奥さん写真)

子供の名前がDQNネームの白鵬の妻画像 可愛い夫人との離婚・引退説

かわいいと評判の琴奨菊の奥さん画像・名前・前妻と婚約破棄の原因

 

スポンサードリンク

One Response to “稀勢の里寛の家族構成(両親画像)日本人横綱の父親・母親と兄弟(姉)”

  1. 久米登 より:

    第一印象とは全く違う印象を受けました。
    日本人横綱頑張って下さい✋

コメントを残す

このページの先頭へ