サッカー久保建英の両親・兄弟 父親と母親の職業と驚きの教育(動画)

(引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20161224-00010008-soccermzw-socc.view-000)

 

一桁の年齢の頃から将来を有望視され、今や世界中の有名クラブやサッカー選手からも熱い注目を浴びている久保建英(くぼ たけふさ)選手。

上の画像を見てもまだまだ若い15歳、中学3年生からFC東京のトップチームに2種登録し、日本記録を塗り替える最年少Jリーグ出場者になりました。

FCバルセロナの下部組織(カンテラ)に9歳で入団、その中でリーグ戦得点王になるなど、目に見える素晴らしい結果を出しまくっている久保選手は、サッカーの才能・能力は海外でやっていけるレベルだと言われています。

 

「世界に羽ばたかなければ勿体ない。」そんな評価を世間からも受ける久保建英選手は、

「当然ご両親の家も相当なスポーツエリート家系なんだろうな・・・」

と思いきや、意外や意外、一般家庭ともいえるお家から出てきた子供だったとの話も耳にします。

 

そこで、今回は「5人の神童」「19人のニュー・メッシ」にも選ばれた天才・久保建英選手の家族構成や、両親(父親・母親)のスゴ過ぎる子育ての秘訣、兄弟についてまとめました。

 

関連記事

堂安律の両親・兄弟(家族構成・画像)SNSに投稿した可愛い彼女の写真

本田圭佑の妻(奥さん写真)と子供の画像 結婚相手は学生時代から交際

岡崎慎司の妻(奥さん)と子供(息子)の名前画像 兄弟・学生時代の経歴

清武弘嗣の結婚相手の嫁画像(奥さん写真)子供の名前と家族構成について

内田篤人の妻の名前(奥さん写真)と家族構成 結婚相手の榎田優紀って誰?

桑田真澄の両親(父親・母親)の今と兄弟の名前画像と職業・現在(写真)

 

久保建英の両親 家族構成からしても一般家庭っぽいが・・・

 

 

(上の動画では、久保建英選手がFCバルセロナキャンプでMVPを獲得し、若干9歳でバルセロナの名門クラブに入団した時代から、現在まで(15歳)までの歩みが記録されています。

スペイン語も学び、外国人のチーム仲間と一緒に勉強したり食事したりする場面も入っていました。

しかし、メッシも名門クラブ入団したのは13歳。海外の人から見ても異例中の異例だった久保建英選手の存在は、たびたび新聞にも掲載され、世界中から大きな視線を浴びる事となりました。)

 

久保建英選手の家族構成ですが、父親・母親・久保建英・弟の4人家族です。

後述しますが、久保建英選手のご両親も、何か超有名なスポーツ選手だったというわけでもないみたいで、お父さんの現在の仕事も普通のサラリーマンだと言います。

 

ご両親の職業や家族の構成をパッとみただけでは、特に久保建英選手が特別優れた環境から生まれてきたわけでもないように感じます。

 

久保建英の父親 お父さんがすごいのは職業ではなく子育てへの熱意とこだわり

 

久保建英選手のお父さんの名前は久保建史さんと言います。

生年月日は昭和46年うまれ。和歌山県出身で、最終学歴は筑波大学体育専門学群卒業。サッカー部のOBでもあります。

 

さきほど少し触れましたが、久保建英選手の父親はスゴイ職業で、すごい特殊な仕事をしている!というわけではなくて、何と仕事はミサワホームで働くサラリーマンなんだそうです。

 

 

「それでは、何か他にスーパースターを育てる秘訣を知っていたのか?」

 

実はそこが大きなポイントで、久保建英選手のお父様は、自分の息子に対してかなりこだわった教育環境と熱意のある子育てを実践し続けていました。

 

テレビを見せない・ソファーを置かない・おもちゃを買わない

 

これにはちょっとびっくりですが、なんと久保建英選手の自宅のリビングには、ソファーもおいていなくて、テレビは見せず、その上おもちゃもほとんど買わないという事を徹底していたそうです。

 

私からすれば、あり得ないくらいの拷問で、親に対して恨みを持つのではないかといえるくらいの、この思い切った行動。

しかし、よくよく考えると、これって家でゴロゴロできないご両親さんの方が負担が大きいのではないかとも思いますが、実はお父さん・お母さんの子育てに対する「ある考え」があって、協力してそういった環境を故意に用意していたみたいです。

(テレビやソファーを置かない環境を作った理由については、後述します。)

 

父親「親は子供に何をしてあげられるか・・・。あっ、サッカーだったらボール蹴りながら毎日子どもたちとコミュニケーション取れるな。」

 

久保建英選手のお父さんは、息子である久保建英君が産まれたら、親として何をしてあげられるだろうかとよく考えていたと言います。

 

そんな中、久保建英選手の父親は、学生時代にサッカー部に所属していた経歴があったことから、

「子育てはサッカーだったら毎日関わってあげられる。」

と思いつき、ボールを利用してコミュニケーションを取ろうと行動に出たそうです。

 

その上、体幹が鍛えらえれ、足の感覚を強く鋭くするためにも、外遊びでは裸足で遊ばすよう心がけていました。

 

 

また、子どもが上達したり、何かちょっとしたことでもできるようになったら、よく褒めてあげるようにもしていたそうです。

そうすることで、自然と子供にも自信がつき、さらなる成長が促せるという考えです。

 

 

ちなみに、久保建英選手の父親は、サッカーのコーチや先生としての経験は全くなく、久保建英君とのサッカーボール遊びでも、あくまで遊び前提で本格的な練習を行うようなことはしていなかったそうです。

 

スポーツ選手の中には、桑田真澄選手のように、父親からシゴキともいえる野球の英才教育を受けてきた人もいます。

しかし、久保建英選手の場合は、ご両親の「楽しいと思えることを増やす」という子どもを想う教育方針によって、自分に自信が持てるノビノビとした環境を与えられていたんですね。

 

仕事終わりは無理だから、仕事に行く前の朝方に付き合う久保建英選手の父親

 

普段は一般企業に努めるサラリーマンでもある久保建英選手のお父さん。

仕事が終わって夜家に帰ると、子供の久保建英くんは寝ている場合も多いです。

 

そのため、父親らしいことをするために朝方早く起きてボール遊びにほぼ毎日付き合っていたそうです。

年間で数えると350日は一緒に遊んでただろうと言います。

 

毎日仕事で忙しくて大変なはずですが、子育てに対する情熱はすごいですし、なかなか真似しようとしてできるものではありませんよね。

 

サッカー久保建英選手の母親は、子育てに特別な想いを持っていた

 

 

(上の動画は、飛び級でu-19日本代表の強化合宿に参加する久保建英選手についての報道です。

後半からは、記者からのインタビューにスペイン語で答えますが、15歳という年齢ながら流暢な言葉遣いに関心する人続出です。)

 

次に、今や日本一有名でサッカー界の期待を一身に浴びる久保建英選手を産んだ母親ですが、実はこのお母様が子育てに対して特別な想いを持っていたみたいです。

 

子を産み育てる母親になる女性ならば、久保建英選手を育てた教育方針は聞きたくて仕方がないはずです。

しかし、いざ聞いてみると、やはり久保建英選手の子育てには想像を超えたこだわりを持っておられました。

 

母親「有名人や実力のあるアスリートには次男が多い。長男だけど(久保)建英は次男のような環境で育ててあげたい。」

 

一般家庭で子供をたくさんほしいと望む人は、

 

「みんなちがってみんないい。」

「何番目に産まれるかによって性格も生き方も変わるから面白い。」

 

と、兄弟それぞれが持つ個性や価値観全てを肯定的に受け入れている人が多いです。

だって、それは仕方のないことだから。

 

 

なのですが、久保建英選手の母親は、

「有名人や実力あるスポーツ選手には次男が多いから、長男でも次男のような環境で育ててあげたい。」

と、何とかして次男っぽい経験ができる環境を用意したいと考えていたと言います。

 

ちなみに、この考えは久保建英選手のお母さん自らが兄弟の真ん中で育った経験からきており、本人の人生経験からも教育には兄弟真ん中ポジションが一番良い成長が期待できると実感していたそうです。

 

年上・年下関係なく、いろんな年代の人と関われる環境を作る

 

次男が得られる特別な経験、それは年上・年下どちらの年代の子と関われる環境に身を置くことです。

久保建英くんの母親は、そんな環境が作れないか考えている最中、「自主保育」を行っている団体があることを地域情報誌で発見します。

 

そこでは、2歳から6歳までの子供が混ざって公園で遊んだり山登りをするという活動を行っており、久保建英君も幼少期はそこで活動していたそうです。

自主保育の中では、年上・年下のいろんな子供がいる中で遊ぶので、さまざまなトラブルやケンカも起こりますが、できるだけ子供たちの自主性に任せて過ごさせます

 

上も下も関係なく一緒に同じ活動をするという体験をした久保建英君は、その後実力主義のサッカーでも積極的で前向きなプレーがしばしば見られるようになります。

お母さんの思い通り、体を自在に操れるスポーツ選手へと成長した久保建英君ですが、これは小さい子供時代からの経験値が上手く活かされているからではないかと思います。

 

 

また、久保建英くんは4歳から幼稚園に通い始めますが、入園した幼稚園の判断基準は「外遊びができるかどうか」だったそうです。

 

その後も、久保建英くんは幼稚園の頃や小学校時代にはお友達の家に泊まりに行ったり、合宿で数泊外で過ごしたりと、積極的に外での生活を体験していました。

 

絵本の読み聞かせは月20冊!想像力と集中力を高める本の力と、母親の愛の底力

 

 

(さきほどの動画に引き続き、こちらはバルセロナに入団していた当時の久保建英選手の映像です。

こんなに小さいのに、すごい舌使いでスペイン語をペラペラを話しています。成長した久保建英選手のスペイン語インタビューよりも、こちらの子供時代の久保君に衝撃を受ける人も多かったです。)

 

これまで久保建英選手の母親の育児方法について見ていると、けっこう久保建英選手の自主性や外部施設にも任せてた部分も大きいのではないか?と思うかもしれません。

 

しかし、先にお話した「朝から子供と積極的にかかわる父親」と同じく、母親も毎月20冊は絵本を読み聞かせしたり、子供が外でボール遊びをするときは毎日3食お弁当を作ってあげたりしていたそうです。

 

 

特に、絵本を読み聞かせることは、単に「子供が喜ぶ」「うれしい思い出が得られる」だけではなくて、想像力や集中力がつくという効果も期待できるそうです。

 

私は絵本を読んでもらった経験は一度もないので分かりませんが、過去から今までの久保建英君の成績を見ると、絵本による効果はないとは言えないと思います。

その上、毎日本とも関わってきたおかげもあり、久保建英選手は自然と自分から読書するようになったと言います。

 

 

冒頭で紹介した動画でも、スペインバルセロナで過ごしていた久保建英選手が

「勉強できないと上手く生きていけないと監督に言われた。」

「勉強もサッカーも両方好き。」

と言っていました。

 

ただ、これは監督に言われたから好きになったのではなくて、幼少期からサッカー(父親)・読書(母親)との楽しい思い出がたくさんあるというのも大きな理由の一つなのではないでしょうか。

親が子どもに与える影響がどれほど大きいのかが、久保建英選手の人生を客観視することで見えてくる気がします。

 

家の居心地は悪くないといけない

 

「男の子は自分の思い通りに体を動かせることが自信につながる。運動神経の良い子にしたい。」

「外遊びするためには、家の居心地が良いのはいけない。」

 

そんな母親の強い想いもあって、久保建英選手の実家には、自宅内の居心地をわざと悪くするためにテレビもつけず、おもちゃも買い与えない教育方針を貫いていたそうです。

 

久保建英くんのお母さんは、家にいる久保建英くんには

「外が晴れているから遊んできなさい」

と、よく言っていたといいます。

 

 

また、次男によくある傾向としては、家に居座らずにどこかに出かける傾向が強いですよね。

長男なのに、次男っぽい子に育てるためには、おうちに待機しないような環境作りが最適だったのかもしれません。

 

サッカー久保建英選手の兄弟は弟が1人

 

サッカー久保建英選手には、兄弟が1人います。

6歳年下の弟です。

 

ただ、有名になった久保建英選手とは違って、久保建英選手の弟のメディア露出は全くありません。

お兄さんがほとんどサッカーで外に出ていたということもあり、そんなに接点がなかったのかもしれませんし、弟さんには、お兄さんの久保建英選手とはまた違った教育をしている可能性もありますね。

 

もしかすると、スポーツは兄と同じサッカーをやっているのかもしれません。

しかし、兄の久保建英選手があまりにも規格外の存在なので、やっぱり違う道を歩んでるのではないでしょうか。何も情報が出ていないので何とも言えませんが。

 

 

以上、久保建英選手のご家庭・両親・兄弟についてまとめましたが、いかがでしたか?

おれ、バルサに入る!」という書籍は、久保建英選手の父親によって出版された本としてあまりにも有名になりましたが、読んでみると、父親・母親の我が子に対する愛の強さと久保建英選手自身の志の高さに恐れおののいてしまいます。
  

その本の濃すぎる教育内容から、

「参考になった」という声から

「自分と自分の子供とを(久保家と)比較したら、器の違いに愕然とする」

と、自分を取り巻く環境とのあまりのギャップに多大なショックを受ける人もいるようです。

 

 

確かに、どんな性質を持った子供でも、久保建英選手のお父上やお母上のように、とんでもなく熱心に子供と向き合っていけば素晴らしい青年に育つのかもしれません。

しかし、普通の人には、ここまでの事をなかなかやってのけるのは難しいですよね。

少なくとも、私は100%無理そうです・・・。すみません、ダメ人間に育ってしまって。(苦笑)

 

関連記事

堂安律の両親・兄弟(家族構成・画像)SNSに投稿した可愛い彼女の写真

本田圭佑の妻(奥さん写真)と子供の画像 結婚相手は学生時代から交際

岡崎慎司の妻(奥さん)と子供(息子)の名前画像 兄弟・学生時代の経歴

清武弘嗣の結婚相手の嫁画像(奥さん写真)子供の名前と家族構成について

内田篤人の妻の名前(奥さん写真)と家族構成 結婚相手の榎田優紀って誰?

桑田真澄の両親(父親・母親)の今と兄弟の名前画像と職業・現在(写真)

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ