大村智の経歴・仕事・性格等 美術館や温泉宿も経営する多彩オーナー

大村智 ノーベル賞受賞 性格 人物 画像

2015年ノーベル生理学・医学賞受賞者に決定した大村智博士

微生物の研究成果が、フィラリアや糞線虫という寄生虫を撃退する特効薬、

イベルメクチンを開発する結果となり、これまでに2億人以上の命を救ってきました。

 

 

(上の画像がノーベル賞を受賞した大村智博士の顔写真です。

顔からしても元気で研究熱心な先生、という感じですね。)

 

 

この研究成果と世界への貢献度合いを見ていると、

一見研究所に籠ってひたすら実験に勤しむ研究者・教授というイメージがありますが、

本当は多彩な趣味を持ち、各界のリーダーでもあり、

美術館と温泉のオーナーでもある凄腕経営者でもあったのです。

 

 

大村智さんの経歴・学歴 ノーベル賞受賞者は、スポーツや美術にも熱心で、情熱ある苦労人だった

 

 

大村智さんの実家は農家で、大村智さんも元々は実家の農業を継ごうと考えていたそうです。

そのため、あまり学業にも力を入れず、部活動のスキーや、教師である母親の影響で

美術に関心を持っていた、活発・活動的な人だったみたいです。

 

 

 

出身高校は、山梨県立韮崎高等学校で、

高校卒業後は、山梨大学学芸学部自然科学科に進学しました。

 

 

高校時代はスキーで国体に出場するほどの実力者で、

研究職の人に良くある「勉強ばかりの頭でっかち」という性格ではなかったそうです。

 

 

また、地方高校・大学出身で、特にエリートコースを歩んでいないことも

ノーベル生理学・医学賞受賞者としては異色の人物として注目の的になりました。

 

 

 

山梨大学を卒業した大村智さんは、

東京都内の夜間学校で教職に就いていましたが、

夜間でも熱心に勉強する学生の姿を見たことと、自身の力不足を実感し、

「もう一度、研究の道に進もう」と決意することになります。

 

 

東京理科大大学院で科学を学び直し、アメリカへ留学しますが、

帰国前に「日本へ戻っても研究費はない」と言われてしまいます

そこで、大村智さんはアメリカ国内で製薬会社との共同研究を打診することにしました。

 

 

その結果、大村智さんの話にメルクが応じてくれることとなります。

大村智さんの人柄や研究成果に「いい仕事をする」と太鼓判を押してくれた留学先の教授が

メルクに大村さんを売り込んでくれ、研究費2500万円で契約することになったそうです。

 

 

 

ちなみに、研究費2500万円と言うのは、日本の教授の平均研究費の10倍です。

そのため、大村智さんの行動を「企業との癒着だ」と厳しい目で見る研究者もいたそうです。

 

 

 

「いい薬をつくろうと思ったら製薬会社の情報量は重要。

世の中のためということを忘れなければ、問題はない」

と考えていた大村智さんは、そんな周りの冷ややかな目を退けて、

イベルメクチンの開発に成功します。

 

 

イベルメクチンは、アフリカや中南米での熱帯病「河川盲目症」にも効果があったため、

犬や猫だけではなく、人間用の抗寄生虫薬「メクチザン」を新たに開発、

現在でも毎年4万人以上の人々を救っているそうです。

 

 

大村智さんの経営する美術館と温泉 建てた理由についても(画像・写真)

 

 

大村智さんの活動は、研究施設での実績に留まりません。

両親の影響で元々美術にも興味があった大村智さんは、

自身の美術品コレクションを展示しようと「韮崎大村美術館」を設立します。

 

韮崎大村美術館

 

(上の画像は、大村智さんが館長を務める韮崎大村美術館の全体写真です。

現在はノーベル賞受賞記念として、入館料が無料で入れるそうです。)

 

 

この美術館を建てた理由は、

「将来の子供のための大きな投資になる。」

「美術品は一人で見るものではなく、みんなで共有するものだ。」

という考えから建設に至ったそうです。

 

 

 

また、隣接する施設に「白山温泉」がありますが、

こちらも大村智さんが

「温泉を掘れば、人も集まる。」

「人が集まれば、地域の貢献にもつながる」

と思って実行した結果なんだそうです。

 

白山温泉

 

住所・所在地は

〒407-0043 山梨県韮崎市神山町鍋山1809-1

地図で見ても、山奥の田舎にひっそりと建っているような感じですね。

 

 

 

「有言実行。行動に起こさなければ意味が無い」

をモットーにしている大村智さんならではの行動力、

安定志向に陥りがちな現代っ子にとっては、少しは見習う必要があるのかもしれません。

 

 

大村智さんの家族構成

 

 

大村智さんは、現在42歳になる娘、育代さんと二人暮らしなんだそうです。

妻である文子さんは、先に他界されています。

 

 

「16年前に亡くなった家内に(受賞を)伝えたい」

そう話す大村さんが妻の事を「ワイフ」と呼ぶほど

大事にしていた存在で、最愛の奥様だったみたいです。

 

 

また、大村智さんには弟がいるそうで、

なんと東京大学卒業のエリートなんだそうです。

やっぱりノーベル賞の弟も優秀だったんですね。

 


大村智 – 2億人を病魔から守った化学者

 

大村智さんは、他の著名人や母校の人間からも

「ノーベル賞を受賞するにふさわしい人材」

と言われていました。

 

 

「世のため人のために」貢献できることを考えていたという

利他愛の精神からは、忘れかけていた日本人本来の心を思い出しますね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ