松方弘樹の病気・脳腫瘍(脳リンパ腫)とは?死亡率と治療法・ガンとの違い

松方弘樹 マグロ コスプレ 画像

(上の画像は、趣味であるマグロの一本釣りで

巨大なクロマグロを釣り上げる松方弘樹さんの画像です。

(余談ですが、過去釣ったマグロの金額は

400万円以上の値段がつけられたこともあったそうです。)

 

今現在まで、プライベートでいろいろな問題が取りざたされてきた松方弘樹さんでしたが、

松方さんを苦しめる病気・脳リンパ腫が発見される直前まで

こうして豪快な釣りを楽しんでいました。)

 

 

日本を代表する俳優であり、

映画監督でもある松方弘樹さんに脳腫瘍の可能性があるとして

長期療養中だった松方弘樹さんですが、

なんと病名は悪性脳リンパ腫という事が発表されました。

 

 

名前はよく聞くような気がする「脳リンパ腫」という病気ですが、

「治療に専念する」「頑張るしかない」

と深刻そうな顔を見せながらコメントする松方弘樹さんや周りの雰囲気を見ると、

おそらく恐ろしい病なんだという事が分かります。

 

 

そこで、今回は悪性脳リンパ腫とは、一体どんな病気なのか?

主な症状や治療法・死亡率(生存率)から

ガンとの違い、そして松方弘樹さんの完治の希望についてまとめました。

(追記 2017年1月21日、松方弘樹さんは脳リンパ腫が死因で74歳で亡くなりました。謹んでお悔やみ申し上げます。)

 

関連記事

松平健の本名・性格 妻と離婚・再婚原因・子供の関係から見た人物像

ディーンフジオカ(藤岡)の妻の名前(奥さん画像)家族・両親・兄弟の話

反町隆史と妻(奥さん)松嶋菜々子夫婦仲・子供(娘)は現在も仲良しか?

樹木希林出演の駆け込み女と駆出し男の内容 ガンは完治して元気に

 

松方弘樹の病気・悪性脳リンパ腫(脳腫瘍)とは一体何なのか?

 

 

今回、松方弘樹さんが患った病気・悪性脳リンパ腫とは、

正式名称を中枢神経系原発悪性リンパ腫

(primary central nervous system lymphoma; PCNSL・中枢神経系リンパ腫)

と呼びます。

 

 

普通のリンパ腫と何が違うのか?

という点なのですが、

そもそも脳にはリンパ系組織が存在していません。

なぜ、琳派(りんぱ)がない脳にリンパ腫ができるのかと言うと、

一説には「炎症などで浸潤してきたリンパ球が腫瘍化したから」

とも考えられていますが、

今現在、はっきりした原因が解明されていないのが現状です。

 

 

悪性リンパ腫を患う患者タイプについてですが、

50歳以上が80%以上と、高齢者がほとんどを占めます。

しかし、脳腫瘍の中でも2~5%の確率でしか発症しない病気なので、

人口全体から見れば、数万人に1人くらいの非常に珍しい病気です。

ちなみに、今は効果的な治療が徐々に確立されてきましたが、

一昔前までは「不治の病」と言われていました。

 

 

悪性リンパ腫の症状(症例)

 

脳リンパ腫 症状 作用

 

悪性リンパ腫の主な症状(症例)ですが、

確認されているモノの中で多い症状から

 

精神症状(痴呆症・ボケ・物忘れなど)

頭蓋内圧亢進症状(頭痛・悪心・嘔吐)

痙攣発作(手足のしびれ・麻痺。けいれん。)

眼症状

 

が報告されています。

ボケ(痴呆症)についての症状は顕著な例もあり、

放射線治療・投薬治療で脳腫瘍を除去すると、

途端にボケの症状が改善することもあるそうです。

 

 

ちなみに眼症状についてですが、

患者の15~20%の割合で脳リンパ腫からの病変(転移?)で

眼球内リンパ腫・ぶどう膜炎となって現れ、

目の見えづらさの原因となることもあるそうです。

 

 

悪性リンパ腫の死亡率(生存率)

 

 

そして、一番気になる恐ろしい点が

悪性リンパ腫を発症した人の死亡率(生存率)です。

 

 

悪性リンパ腫の「5年生存率」のデータを見てみると、

症状の軽い「ステージ1」の状態なら

生存率は70~90%、

逆に重症の「ステージ4」の状態なら

生存率は50%前後と、

死亡リスクは悪性リンパ腫の進行具合に比例して

大きく左右される結果となっています。

 

 

つまり、松方弘樹さんの脳腫瘍が

もし早期に見つかったのであれば、

完治することも十分に可能な病気なんですね。

(ただし、後述するように再発率は高いようですが・・・)

 

 

悪性リンパ腫の治療方法 摘出手術は難しいって本当!?

 

脳リンパ腫 ガン 再発 画像

 

上のMRI画像の左側の脳みそは、

悪性リンパ腫の脳腫瘍を摘出手術した後の写真です。

(ちなみに、写真右型の脳は少し期間が経った後に撮った写真ですが、

既に右下に再発しているのが確認できます。うーん、怖いです。)

 

 

このように、場合によっては悪い部分を切り取る治療法もとられるようなのですが、

基本的にリンパ腫は再発率が高く、さらには脳を切開すると

その後の投薬治療・放射線治療を実施するまでに期間を空けなければならないため、

時間がかかるというデメリットがあります。

そのため、脳腫瘍が悪性リンパ腫と判明した場合は、

手術は避け、放射線治療や投薬治療を中心に治療をしていく場合が多いみたいです。

 

脳腫瘍 放射線治療 治療前

 

上の画像は、放射線治療を行う前の画像と、施術後の画像です。

こうしてみると、放射線治療の効果は

思った以上にバツグンな気もしますが、

脳全体に照射することもあり、

あまり強い光を何度も当てない方が好ましいとされています。

 

脳リンパ腫 脳腫瘍 画像

 

続きまして、上の画像は投薬治療の経過写真で

左から順番に治療開始前、治療中、その後

という順番で並んでいます。

 

 

使われる薬は特別な抗がん剤になるそうです。

上の患者さんの例では、

はじめの方は腫瘍が小さくなり

結構効いているような雰囲気です。

しかし、その後もう一度MRI写真を撮影すると、

今度は逆に腫瘍がとても大きく肥大しているのが確認できます。

 

 

この画像を見ると、今のレベルの抗がん剤では効果がなくなったのか、

全く効いていなかったのか、よく分からない状況になっていますが、

とりあえず悪性リンパ腫は

完治は困難ではないケースも多いが

再発率が高く、重症化すれば死亡リスクも高い、

非常に厄介な病気だということが良くわかりますね。

(ちなみに、現在悪性リンパ腫は通常の抗がん剤では

脳の奥まで届かないらしく、

効果があると言われる抗がん剤の種類は非常に少ないそうです。)

 

 

ガンと悪性リンパ腫の違い 実は根源は一緒だった

 

 

これまでの悪性リンパ腫の特徴・治療法について見てみると、

ガンと非常に特性が似ているような気がします。

癌と悪性リンパ腫とは何か違いがあるのか?

と思っていたのですが、

なんと悪性リンパ腫もがんも元を辿れば同じ仲間でした。

 

 

「血液のがん」と呼ばれるものに白血病がありますが、

要はリンパ腫はリンパ系組織から発生する癌の腫瘍ということでした。

つまり、悪性リンパ腫は「ガンの中の一つの種類」ということなんですね。

 

 

松方弘樹の現在の様子 今から治療して感知できるのか?

 

沖縄やくざ戦争 [ 松方弘樹 ]

沖縄やくざ戦争 [ 松方弘樹 ]
価格:2,268円(税込、送料込)

(時代劇でチャンバラが似合う松方弘樹さんですが、

一方で世間を賑わすゴタゴタ騒動ニュースもあって、

上のようなイカツクて怖いおじさんな雰囲気も強いですね。)

 

 

いろいろと悪性リンパ腫・脳腫瘍についてまとめてきましたが、

結局、松方弘樹さんが今から治療して感知できるのか?

再度スクリーンで元気な姿を見る希望はあるのか?

という所なのですが、

主治医の先生によると、

 

「悪性だが、他からの転移ではない。抗がん剤が効果を上げれば、秋には完全に治る」

「パターンを踏めば完治する」

「再発の可能性は残るが、元気に復帰できるでしょう」

 

と、治療成功の確率については太鼓判を押されているそうです。

これだけ頼りがいのある言葉をお医者さんがかけてくれると

少し安心できますが、巷の噂話や関係者によると、

松方弘樹さんの脳腫瘍は徐々に大きくなっているので心配だ

という話もあります。

 

 

半年は治療に専念するということですので、

無理せず療養していただいて、

元気な姿を見せてほしいと願うところです。

(追記 2017年1月21日、松方弘樹さんは脳リンパ腫が死因で74歳で亡くなりました。謹んでお悔やみ申し上げます。)

 

 

余談ですが、冒頭で人気アニメ「NARUTO(なると)」

のコスプレをしていた松方弘樹さんですが、

あの時かぶっていた帽子は

普通にお店で販売されていることが明らかとなりました。

 

 

本来は「ちょい悪オヤジ」をアピールするためのキャップだったそうですが、

松方弘樹さんのお蔭で、代表的コスプレグッズとなりそうな勢いです。

 

 

関連記事

松平健の本名・性格 妻と離婚・再婚原因・子供の関係から見た人物像

ディーンフジオカ(藤岡)の妻の名前(奥さん画像)家族・両親・兄弟の話

反町隆史と妻(奥さん)松嶋菜々子夫婦仲・子供(娘)は現在も仲良しか?

樹木希林出演の駆け込み女と駆出し男の内容 ガンは完治して元気に

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ