大島美幸 妊活本を出版 印税は全額寄付 発売日・価格・内容の詳細

大島美幸 婚活本 画像

森三中のメンバーでおなじみの大島美幸さんが

長男を出産するまでの体験を活かした

妊活本(婚活本ではありません)を出版、

発売することが発表されました。

(上の画像がその婚活本の写真です。)

 

しかも、売り上げたときの収入になる印税は

全額寄付されるそうです。

 

見た目は誰もがブスと言うというか、

そのブサイク顔がウリのタレントですけど、

心の中身はキレイなことこの上ないんですねえ。

(私は大島美幸さんには性格・中身の部分で大敗ですね・・・とほほ)

 

 

大島美幸の婚活本の内容・詳細について

 

 

大島美幸さんといえば、

2002年に送作家の鈴木おさむさんと結婚、

そして2015年6月22日に第一子となる男児を出産したことは

多くのニュースで取り上げられたので

ご存知の方は多いはずです。

 

 

しかし、子供を出産するまでは

子宮筋腫の手術、人工授精のこと、体調不良、そして流産も経験するなど

多くの障害があったようです。

 

ちなみに、人工授精は旦那さんである鈴木おさむさんの精子が

「やや奇形」と診断され、病院の医師から

人工授精を勧められたことが原因でお医者さんから聞いたそうです。

 

 

そんな大島美幸さんが経験した体験を活かして

妊娠後の実際の体験談や、

妊娠中に良いとされているヨガや体操、マッサージなど

自身が身をもって体験した感想などを

まとめた本になっているそうです。

 

 

どんな困難に陥っても明るい気持ちを崩さない

大島美幸さんの姿勢がこの著書からも伝わってくるので

本を読んだ女性は(男性もモチロン)

暗くなった精神が明るくなること請け合いのはずです。

 

 

本の題名は 「日本一明るく真面目な妊活本」。

気になる発売日は7月21日で、

お値段は1200円(税込)です。

アマゾンで予約販売も受け付けているみたいです。

なんだか表紙を見ただけでも笑えてきて

元気をもらえそうです。

 

 

また、記事の上の方でも書きましたように、

こちらの著書での収入になる印税は

大島美幸さんが全て寄付することにしたんだそうです。

 

 

寄付するお金の行方はというと、

ふくしまこども寄附金というところへ送られるそうです。

 

 

ふくしまこども寄付金とは、

東日本大震災によって両親を失った子供たちを

県が長期的な支援を行うために作った寄付口座です。

 

 

夢をあきらめ、住み慣れた土地からも離れなければいけない

過酷な運命と向き合わなければいけない震災孤児のために

自分の収入になるお金を寄付なんて、

大島美幸さんのやさしさ、性格の良さに脱帽です。

 

 大島美幸さん、今回の「妊活本」(婚活本ではありません

だけではなくて、自分の特技を活かした料理本や

その他にも面白いエッセイなども出版、販売しています。

 

料理本は意外と簡単に作れる、使えるレシピが乗っていたり

エッセイ本も大島美幸さんでしか書けないような面白い内容で

評判も上々みたいです。

 

 

しかし、世間ではブスより美人の方が性格が良い確率が高いというのが

鉄板の考え方にもなってはいます。

 

 

ブサイクはいるだけでからかわれて、

不愉快で苦しい体験をしてしまいがちなので

性格がひねくれがちと言われますが、

大島美幸さんのようなブスでも性格が良く

人間的魅力が詰まった人には誰も敵わないような気がしますね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ