哀川翔のカブトムシ画像 マニア過ぎてブランドメガネにも昆虫マーク

哀川翔 カブトムシ 画像

昆虫好きで、その業界?では

かなり名が知られている哀川翔さん。

 

そんな哀川翔さんがギネス新記録を更新した

巨大カブトムシを育て上げることに成功しました!

(「!」をつけるほどすごいのかどうか

素人の私にはわかりませんでしたが、かなりすごいらしいです。)

 

 

哀川翔さんのカブトムシ88センチはお金の価値0円らしい

 

 

というのは、基本的に普通の国産のカブトムシを

お金を出して買うというのはカブトムシ愛好家には

いないらしく、いくらスゴイ大きさのかぶと虫でも、

カブトムシマニアな人達での価値は0円なんだそうです。

 

 

「何万、何十万もするカブトムシもいたような気がする。」

そう思った方もいらっしゃるかもしれませんが、

そのような高額な値打ちがつくカブトムシは、

海外産のヘラクレスオオカブトのようなカブトムシです。

 

 

しかしながら、今回哀川翔さんが新たに打ち出した記録というものは

「数を打てば当たる」というやり方では不可能で、

相当にすごい記録だという事実は変わりません。

 

 

そもそも日本には、カブトムシを飼育する人が多く、

本格的にカブトムシの飼育をしている

「かぶと虫ブリーダー」な人達も大勢います。

 

 

そんなカブトムシ激戦区の日本において

ギネス新記録を更新した哀川翔さんは本当にすごい!

んだそうですよ。

 

 

ちなみに、このカブトムシの「ギネス」というのは

世界中の誰もが知っている「ギネスワールドレコーズ」ではなくて、

「むし社」という会社が行っている「むし社認定ギネスホルダー」

「ギネス」です。

 

 

哀川翔さん監修のブランドメガネにもカブトムシのデザインが

 

哀川翔 カブトムシ 眼鏡

 

哀川翔さんプロデュースメガネSAMURAI SHO(サムライ翔)」には

パットにカブトムシがデザインされています。

 

 

「超カッコイイ」眼鏡なために大変人気もあるこの眼鏡ですが、

哀川翔さんの「昆虫マニア」としてのこだわりとセンスが

こんな細かい所にも反映されていたんですね。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ