ビヨンセのシャンパン無駄使いで批判される理由を考えたけど

ビヨンセ シャンパン

この写真、上だけ見ても下だけ見てもビヨンセだけ見ても

シャンパンを見ても、どこか一か所だけ見ただけでもセレブリティ。

対して私はどこを見てもビンボリティ。

 

 

 

ビヨンセに批判の声が集まっている理由

 

 

ビヨンセが新曲「Feeling Myself」を発表しましたが、

その新曲のMVでシャンパンをプールに流す場面がありました。

 

シャンパンの銘柄は高級スパークリングワインで有名な「アルマンドブリニャック」。

安くても3万6000円から、

高価なものは数百万円もする超高級ワインです。

 

そして、このシャンパンをプールに流している映像が原因となり、

批判の声がネット上に殺到しているのです。

 

 

批判の声は

「たった1000ドル(約12万円)でも誰かの人生をひっくり返すことができるのに。大学進学とか、遂にランチにありつけるとかね。だからビヨンセが1本2万ドルのお酒をプールに注いだことは、私にとって顔を叩かれたような打撃よ」

「1本2万ドルのシャンペンをジャクジーに注いだビヨンセに正直、感心しない。飢えに苦しむ人やホームレスの人がいるのに」

 

などなどツイッターにも多数つぶやかれています。

 

つまり、批判の主な内容は

「こんなに高いシャンパンなんて誰でも飲めるものでもない。

それなのに無駄使いするなんて一体どういうことだ。

もっと良い金の使い方があるだろう。貧しい人に募金するなりできないのか。」

といった感じなんですね。

 

しかし、この批判についてはビヨンセ本人に言うべきものではないのでは?

と私は疑問に思っています。

 

 

ビヨンセがシャンパンを無駄使いして批判されるのは間違っている。

 

 

まず、テレビや映画、他のアーティストのPVでも

高級なお酒を普通に演出に使ったりしていますし

お酒以上の、例えば数千万する高級車や数億円のセットを

一瞬で粉々に破壊したりしていますよね。

 

日本のバラエティ番組でも「もったいない」と思うような場面は

日常茶飯事で毎日のように見ることができます。

 

それを見て皆楽しんでいて、映画なんか見るのにお金払っているのに

演出ひとつで批判されたら、映像作品で見れるものは

極端に少なくなってしまうでしょうね。

 

 

つまり、ビヨンセのシャンパン無駄使いの批判をするなら、

メディアや映画界、芸能界全体に向けて批判しなければならないことになります。

 

 

そんなことして、本当に無駄使いシーンがなくなったら、

今まで楽しんでいた映画や音楽が一切見れなくなってしまいます。

これはこれは困ったことになってしまうのです。

 

 

そもそもMVはビヨンセ一人で作るものではなく

レコード会社や演出家など様々な人が関わっているはずです。

 

ビヨンセ以外の人が提案し、シャンパンのチョイスも

別の人がしていた可能性もあります。

 

 

また、皆に楽しんでもらおう、日常では味わえない何かを与えようと

考えて資金を使ってこういう演出をしてくれているわけですから

それを批判するなんて、良く考えなくても

はっきり言って恥ずかしいことですよね。

 

 

批判したのはアメリカのファンなのか、誰が言っているのかは

分かりません。

 

しかし、今回のビヨンセのシャンパン無駄使い批判

表向きには「貧乏な人に寄付したりしろよ!」といった内容になっていますが、

私には貧乏人の妬みや人間の汚い心が表れた瞬間なのではと

思ってしまいました。

 

 

昨日の記事でも書きましたが、

お金持ちはほとんどの場合、それ相応の努力を続けてきた人ばかりです。

 

私は貧乏になるのは必ず自分の問題だと思っていますので

(私も貧乏人の一人ですが・・・)

こんな批判をする余裕があるのなら、自分で貧しい人を助けられるくらいの

人間になれるよう努力しないといけないな、と今回のニュースで思いました。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ