熊本地震の被害画像と未来人6月予言・前兆・陰謀論(現地・現在写真)

熊本桜門 地震被害 倒壊画像

(上の画像は、国の重要文化財にも指定されている

熊本県・阿蘇神社の楼門の航空写真です。

熊本地震により倒壊し、見るも無残な光景となっていて、

地震の威力のすさまじさを物語っています。)

 

 

2016年4月14日21時26分に突如として発生した熊本地震。

震度7の巨大地震が発生して以来、

17日の9時時点で470回超の回数にも及ぶ地震が

繰り返し発生しており、未だ不安定な状態が続いています。

 

 

上の画像の重要文化財の破壊をはじめ、

家屋の倒壊や道路の地割れ等

地震現場の画像を見ると、凄まじい状況になっています。

 

 

今回は、今現在の被災地の状況の画像の紹介から、

実は未来人や予言者から予言されていたとされる熊本地震の話、

そして地震が起きる前の前兆や

自然破壊兵器(地震兵器)による陰謀論などについてもまとめました。

(ネット上ではただの自然災害ではなくて、

なんだかスゴイ話に飛躍していました。)

 

関連記事

熊本地震の震源地・地図から見た場所・位置 震度7で被害甚大な現在

 

熊本地震による被害状況を画像で見る

 

熊本城 被害 地震

 

上の画像は被災した熊本城を上から見た写真です。

瓦は地震の揺れで崩れ落ちてしまい、

天守閣もなくなっています。

 

熊本城の周りでも、石垣が崩れ、

土砂崩れになっている部分が見つかりました。

復旧作業には大変な時間がかかりそうな雰囲気です。

 

 

熊本地震 南阿蘇村 画像 写真

 

上の画像は熊本県南阿蘇村の航空写真です。

ものすごい規模の土砂崩れが発生しており、

道路が完璧にふさがってしまっています。

崩れた後の写真なので分かりませんが、

もし土砂崩れの真下に家があれば、

完全に飲み込まれてしまっているでしょう。

 

写真上側と下側を繋ぐ道がないために、

避難・救助活動共に困難になりそうです。

 

 

熊本地震 地割れ 写真

 

こちらの画像を見ると、

一般道のアスファルトが真っ二つに割れてしまっています。

ここまで大きな地割れが起きてしまっては、

車での横断は不可能でしょう。

人が歩いて渡るのにも相当注意しなければなりません。

 

 

熊本 地震 避難所 学校画像

 

熊本県にある避難先の様子です。

学校の体育館が人ですし詰めになってしまっています。

避難生活を送る人達は「寝れない」と不満があるそうですが、

確かにこのような状態ではぐっすり眠ることもできませんね。

見ている側からしても、心身共に疲弊してしまいそうな状況です。

 

 

地震 補給物資 支援物資 画像

 

避難者が多い地区では

「食料・水等生活必需品が足りない。」

との声があがっていますが、

少し離れた地域の避難場所になると

水や食糧・物資も豊富に揃っているような場所もある

と、ツイッターのつぶやきなどで画像と共にアップする人達がいました。

 

自衛隊等救助隊が到着し、支援活動を行ってくれていますが、

SNSを見てみると、ホテルやレジャー施設が無料で

避難場所を提供していたり、

飲食店が水や食料を配布している場面を目にします。

SNSなどで連携を取って、

できるだけ多くの人が負担の無い生活ができるよう

祈りたいところです。

 

 

熊本地震は予言されていた!?未来人の2chと予言者の発言とは!?

 

地震 予言 未来人 2ch

 

上の画像は、インターネット掲示板2ちゃんねる(2ch)の

オカルト板という所のコメントの一部です。

 

 

実は、2ちゃんねるでは未来人をはじめとした

本当に色んな人達が聞きたい事を聞いてくれたり、

予言を伝えにやってきたりするときがあります。

 

 

本当に実在する人間なのかも不明なのですが、

2016年4月15日に未来人が来ると発言していたので

スレの住人たちはこの日に何かが起こるのではないか?

地震のような大災害・大事件が発生するのではないか?

と考える人もいたようです。

そして、本当に熊本地震が来てしまったので、

ただただ驚くばかりです。

 

 

未来人は2062年から来た人と答えており、

他にも第3次世界大戦や人口減少、

世界情勢の変革などさまざまな質問に答えた後

「次の任務」が理由で別の時間軸へ行くためにと

サラリと去ってしまっています。

 

 

ちなみに、昔は大災害がもっと分かりやすいよう

暗号などを残してくれたのですが、

徐々に発言の規制が厳しくなっている雰囲気を受けます。

(以前残していった時の暗号解読すると、

「南海トラフ、逃げて」と書いてあった。)

 

そのため、2011年7月に未来人がスレに到着した際、

「2016年4月、非常に大事な事を伝えに行ったが困惑した。」

と、意味深なセリフのみを残してこの世界にやってきていました。

 

 

もちろん、予言は全て当たっているわけではないみたいなのですが、

もし、未来人なるものが本当に私達に情報を教えてくれたら

未来に起こったはずの状況が変わることも考えられますし、

いくつもの状況に合わせた世界が同時に発生する

「パラレルワールド」が出来上がるという説もあります。

 

 

if(もしこうだったら)の世界が別の次元にあるかもしれないという事ですね。

そう考えると、なんだか壮大なSF世界の中に自分がいるような気がします。

 

 

ジュセリーノ・ダ・ルースによる予知夢の地震は2011年6月

 

 

 

ジュセリーノ・ダ・ルースさんと言う方をご存知でしょうか?

ジュセリーノさんはブラジルの英会話講師としての仕事の他に

自分の夢に見た災害が実現するという予知夢の能力者でもあります。

 

 

そして、ジュセリーノさんは

2011年6月26日に熊本県でマグニチュード6.8の地震が発生する

と、確かに予言していました。

しかし、その後地震が発生しなかったこともありますが、

その前にジュセリーノ・ダ・ルースさんの予言は結構外れる

という事実が明らかにされ、

予言の災害を心配する人達もいなくなってしまいました。

 

 

ただ、今現在こうして熊本県で

予言した通りの規模の地震の揺れが起こるとなると

時期が相当ずれていたとはいえ、

やはりジュセリーノ・ダ・ルースさんの予知夢は当たっていたのでしょうか?

 

 

「イルミナティ」と呼ばれる秘密結社の陰謀論・地震兵器

 

 

 

今回の熊本地震の原因には

「イルミナティ」なる悪魔崇拝の秘密結社による

陰謀論も出ています。

その理由となるのは2つありました。

 

 

ひとつは、「18」という数字です。

熊本地震が発生した日付は4月14日で、

足すと18になりますが、

これは6を3回足した数と同じです。

 

この「666」という数字は

イルミナティが崇拝する悪魔を象徴する数字になるので

好んで使用しているそうです。

 

 

そして、もう一つの原因が

震源の深さが10キロ~11キロと非常に浅いという点です。

陰謀論によると、ベクテル社と呼ばれるユダヤ系企業が

10キロほど地下を掘る事ができるそうで、

その中に爆弾を仕掛けたか、

もしくは自身兵器と呼ばれるものを利用したという説も浮上していました。

 

 

ここまでくると、もう何が原因で災害が発生しているのか

全く分からなくなってしまいますね。

とにもかくにも、今は支援活動・復旧作業が先です。

これ以上被害が大きくならない事を祈りたいです。

 

 

関連記事

熊本地震の震源地・地図から見た場所・位置 震度7で被害甚大な現在

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ