ドローン少年逮捕の理由 お金を支援して撮影させる囲いの意味とは

ドローン少年 お金

以前からお祭りなどでドローン撮影を繰り返し、

落下させるなどして厳重注意を受けてきたドローン少年「ノエル」

ついに警察に逮捕されました。

 

「ん・・・でもドローン飛ばしたからと言って逮捕されるような法律って

もう決まってたんだっけ?犯罪になる場所は数か所しか決まってなかったはず・・」

 

疑問に思った私ですが、

調べてみるとドローン撮影者を逮捕するのは

どうもグレーゾーンだったみたいです。

 

 

ドローン少年が逮捕された理由・捕まることになった原因

 

ドローン少年ノエル

 

上の画像の方が、今回警察に威力業務妨害に当たるとして逮捕された

ドローン少年、通称「ノエル」さん。

 

 

逮捕になった原因は、浅草の三社祭でドローンを飛ばすと動画配信サイトで

予告をし、お祭りの運営を妨害したからということになっています。

 

 

威力業務妨害とは、「威力を用いて人の業務を妨害」したときに発生する罪ですが、

犯罪をしていない「予告」の段階でも成立するという

警察にとってはなかなか臨機応変に使えそうな便利な法律になっています。

 

 

捜査関係者の人は 、

「難しい判断だったが、人混みの中に落下させれば

けが人が出ることもあり得ることを考慮した」

と言っていました。

 

 

つまり、この事件は「ドローンを飛ばしてはいけないから」逮捕されたのではなく

「結果的にドローンを飛ばすことが刑法に記載されている罪に繋がった」から

逮捕されることになったんですね。

 

 

ドローン少年の逮捕は以前からの行為も考慮されていた事実

 

 

実は、今回ドローンを飛ばして逮捕された少年「ノエル」さん、

今までに様々な問題を引き起こしてきた犯人でもありました。

 

 

今回逮捕される前にも、長野の善光寺にて御開帳の法要中にドローン撮影を行い、

結果ドローンを落下させたことがあります。

 

他にも、国会議事堂付近でドローンを発進させるところを見つかり、

警視庁から「落下した際に危険だ」と何度か厳重注意を受けていたそうです。

 

 

また、ドローン以外にも大胆な行動を取って話題になっていました。

 

少し前に川崎市で起きた上村遼太君殺害事件の時に、

逮捕前だった犯人の少年の自宅前でネット中継を行い、

被疑者少年の実名をさらしたのは、ドローン少年ノエルさんです。

 

被疑少年の家族が家を出入りする様子を流したりするなど

過激な方法で撮影を行い、注目を浴びました。

(個人的にはこの時ドローン少年の行動はスカッとするものがありました。

しかし、そんな風に思う私ってやっぱり性格悪いのかな・・・。)

 

 

しかし、こういった度を越した行動も考慮され

「これ以上放置できない」と考えた警視庁によって

今回、ドローン少年ノエル君の逮捕が決定したのでしょう。

 

ドローン少年 逮捕 理由

長野市の善光寺をドローン少年ノエル君が撮影した様子。

確かに、こんなにたくさんの人がいる所でドローンが落ちれば

危ないですよね。

 

ドローン少年ノエル君が撮影を過激な続けた理由 「囲い」からもらえるお金の為だったのか

 

 

ドローン少年ノエル君の行動を見続けていると、

段々と一般人に迷惑をかけるような行為をするようになっているようにも思えます。

 

 

他人に迷惑をかけてまでドローン撮影をするようになった本当の理由

それは「囲い」と呼ばれる人間から援助される資金を入金してもらうため

だったのかもしれません。

 

 

「囲い」って何?と思った人もいるかと思いますが(私も昨日までそうでした)

囲いとはネット用語で

「動画の配信者を囲い込み、ほかの視聴者とは違う扱いを望む視聴者」

のことを言います。

 

囲いの人達は、金品と引き換えにドローン少年に対して

おもしろい動画、過激な行動を配信してもらうようあおっていました。

その結果、今回の逮捕に繋がったドローンも飛ばされることになったのです。

 

 

ドローン少年ノエルさんの場合は、

「ファンの中でも上の方に立ちたい」

「彼の超越者になりたい」

と話す囲いもいたそうで、

この人達がドローン少年にお金を振り込んだり

ネットショッピングに使えるポイントなどを提供したりしていました。

 

 

その金額は総額で100万円以上。

ドローンを飛ばして動画を配信するだけでこんなにお金をもらえるのなら

ドローン少年ノエルさんじゃなくて

もしかしたら私もお金が無かったらやってしまったかもしれません・・・。

(お金の力ってこわEー)

 

 

自分の信じる正義のためでもなく、

お金のために迷惑行為を行うドローン少年ノエルさんに対して

「やめとけ」「やめた方がいいよ」

とコメントしてくれる人もたくさんいたそうです。

 

 

しかし、100万円以上もらえるなんて状況になれば

学生やお金に困ってしまう人がやってしまうのも

なんとなくわかるような気もします。

 

目先の利益に注目してしまって

たぶん周りの忠告にも全く耳を貸すことができなくなってしまうんですね。

(お金の魔力ってやっぱりこわE-)

 

 

しかし、私はドローン少年ノエルさんの逮捕ニュースを見て

一番問題なのは金品をちらつかせて危険な行為をさせる大人だと思いました。

 

 

こんなことを大人がすれば、

周りに迷惑をかける行為を正当化させてしまい、

「悪いことじゃないんだ」と子供に認識させることにもなってしまいます。

 

 

最近はマナーの悪い大人が目立つようになっていると

よく聞きますが、自分自身がこうなってしまわないように

しっかり自分の意志を持たないといけないなあと感じた事件でした。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ