パリ・テロの犯人名前・事件の内容 フランス現場の被害状況(画像)

パリ同時多発テロ事件 内容 全貌 画像 図解

 

(上の画像は、フランス・パリで起きたテロ事件の現地の画像です。

テロ組織の犯人による銃乱射や爆弾の爆発が発生した現場を写真の×印で表示しています。)

 

 

フランス・パリで発生した同時多発テロ事件。

緊急事態発生から時間が経過し、調査が進んだために

今現在のニュース速報をまとめていくと、

テロ事件の犯人、テロ被害の状況・内容・全貌が次第と明らかになってきました。

 

関連記事

イスラム国(ISIS)に宣戦布告した天才ハッカー集団アノニマスとは何?

フランスパリ同時多発テロ・爆発銃撃の被害状況 地図から見た位置・場所

ロシア飛行機墜落事故の画像・写真 イスラム国(ISIS)の撃墜が原因か

ロシア旅客機墜落場所 地図で見た位置 日本人被害者とジェット画像

トルコ爆発原因・理由は自爆テロ?イスラム国(IS)?現在の被害状況

 

パリのテロ組織の犯人はイスラム国(ISIS)だった 犯行声明文を世間へ向けて発表(画像)

 

イスラム国 ISIS 犯行声明文 画像 写真

 

フランス・パリで百十数人犠牲者(死亡者)

300名以上の被害者(内、重症が100人弱)を出した今回のテロ事件。

 

 

「犯行に及んだテロ組織は、おそらくイスラム国じゃないか?」

と、事件発生当時から噂話になっていましたが、

どうやら犯人は過激派組織イスラム国(ISIS)関係の構成員で間違いないようです。

 

 

ちなみに上の画像のアラビア文字の文章は、

過激派組織イスラム国が公開した、犯行声明文です。

(しかも内容がムチャクチャ長かったので、仕方なく途中で写真を切りました。

簡潔にまとめるという文化がイスラム圏にはないんですかねえ。)

 

 

ロシアの飛行機が墜落したときも、

「飛行機はわれらイスラム国(ISIS)が撃ち落とした!」

と、犯行声明文を堂々と表明していましたが、

フランス・パリの同時多発テロ事件でも全く同じ行動を取っていますね。

 

 

おそらく自分たちの偉大さと存在感をアピールしないわけにはいかないのでしょう。

無名になったら誰も怖がらなくなりますし、

知らない組織に憧れを持って、誰も入ろうなどとは思わないですもんね。

 

 

犯行を行った犯人の名前・顔写真 捕まった容疑者達の現在

 

指名手配 誰? フランスパリ テロ事件

 

上の画像は、テロ事件犯行の疑いで現在指名手配を受けている

サラ・アブデスラム容疑者の顔写真です。

(普通の顔つき?でも何か怖い雰囲気もする。プラシーボ効果!?)

 

 

その他にも、実行犯と関わりのある犯罪者を

ベルギー・ブリュッセルで3人も捕まえたというニュースもあり、

イスラム国関係のテロ組織の拠点が、ベルギー等フランスの周辺国にも

置かれている可能性が高いと考えられています。

(ちなみに、直接犯行に及んだ実行犯7名は、全員殺害されたか自爆・自殺した

という報告内容でした。)

 

 

 

また、フランス現地では、犯人の身元が分かり、

容疑者を兄弟に持つフランスの家族が警察組織に拘束される

という異例の事態も発生していました。

 

 

その容疑者の名前は、オマル・イスマイル・モステファイ(Omar Ismail Mostefai)

という方で、実の兄は新聞記者・取材陣に対して

「これは恐ろしいことだ。狂気だ」

「私は昨日パリにいて、混乱を見た」

と、テロ事件が起きた現場の悲惨で恐ろしい状況を語っていました。

 

 

フランス・パリ今・現在の状況 多くの血が流れた現場で行われた追悼式

 

フランス 現場 現地 画像 写真

 

上の画像は、テロ事件で最も多くの人数の犠牲者を出した「ル・バタクラン劇場」にて

追悼するためにささげられた花束やメッセージのそばで祈る女性の写真です。

 

 

フランス以外の国でも、現在ヨーロッパでは、

スポーツ試合の前にはテロ被害者への追悼式で黙とうが行われたり、

各国の繋がり・連携をアピールするために、

フランス国旗の色をモチーフにしたライトやペイントを建物にかざしたりする行為が

行われています。

 

 

余談ですが、イスラム国は本拠地付近の地域では、食料配給や教育方針などで

地元の人達から救世主扱いされているそうです。

しかし、だからと言ってこんな残虐な行いが許されるはずもありませんからね・・・。

 

 

なぜ、フランスばかりがテロ組織の標的になるのか?狙われる理由・原因

 

 

以前からフランスはイスラム国をはじめとしたテロ団体に襲撃される事件が

相次いで発生していました。

 

 

なぜ、フランスばかりがテロの標的となるのか?

その原因は、有志の対テロ団体・連合組織でフランスが大きな役割を

担っているのが理由のようです。

 

 

過激派組織イスラム国(ISIS)は、

対テロ団体の戦略を打ち破る能力があることを世間に公表し、

自分たちの強さをアピールする目的があって、

フランス・パリを頻繁に狙うそうです。

 

 

( エッ!?でも勝ってもらわないと私達日本人も困りますよアメリカ様・・・)

 

 

関連記事

イスラム国(ISIS)に宣戦布告した天才ハッカー集団アノニマスとは何?

フランスパリ同時多発テロ・爆発銃撃の被害状況 地図から見た位置・場所

ロシア飛行機墜落事故の画像・写真 イスラム国(ISIS)の撃墜が原因か

ロシア旅客機墜落場所 地図で見た位置 日本人被害者とジェット画像

トルコ爆発原因・理由は自爆テロ?イスラム国(IS)?現在の被害状況

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ