松本竜也ヤンキー的素行と性格 ドラフト1位も現在の近況は自業自得

松本竜也 画像 顔写真

「巨人の松本竜也の現在は、除籍処分となりました。」

「ドラフト1位だったのに、この近況は・・・。自業自得だね。」

(上の画像は松本竜也さんの練習中の顔写真です。顔恐いです。

眉毛のソリコミといい、日頃の素行といい、何だか地方のヤンキーみたいです。)

 

 

同じ読売ジャイアンツに所属する福田聡志笠原将生と共に

野球賭博に関与した罪で除名処分を受けた3人の一人、松本竜也選手。

 

 

しかし、松本竜也選手は笠原将生選手を仲介して賭けを申し入れたので

比較的罪は軽い方だと思いますが、

インターネット上での彼に対する批判中傷は壮絶なものでした。

 

 

なぜ、松本竜也選手はこうも世間から嫌われているのか?

その原因は、松本竜也選手の性格から来る日々の素行の悪さや

悪趣味なブログ・趣味、そして彼女とのイチャイチャラブラブっぷりにありました。

(最後の理由は特に許せんッ!!けしからんヤツだッ!!)

あと、最近の松本竜也選手について、

今現在は何をしているのかについてもまとめました。

 

関連記事(もしかしたら野球界ってどうしようもないのかもしれない・・・)

リッチギーな性格の高木京介の妻画像 兄弟・両親(父親・母親)と現在

福田聡志投手がギャンブルで逮捕? 原因は野球賭博の借金の取り立て

(第二の人生!?)笠原将生の飲食店(ウニ料理)地図で見た位置・場所(画像)

笠原将生父親・弟画像写真 ヤンキー性格悪い理由は家族構成にあり?

清原和博の逮捕原因は覚せい剤(麻薬)所持(画像)デブから痩せた理由も

清原和博の兄弟と両親(父親・母親)実家の職業と自宅の地図画像も

ダルビッシュ兄弟は何人?(有・翔・KENTA)現在の野球賭博逮捕者は次男

現在ギャンブルで有名な桃田賢斗の両親画像・兄弟(姉) 素行や性格

 

松本竜也の嫌われる性格・素行とは?

野球賭博 関係者 画像

(野球賭博関係者・暴力団関係図です。上の画像を見ればわかる通り、

 松本竜也投手は一番関係が薄く、まだマシな方に見えますが・・?) 

 

 

松本竜也選手は、元々威張りたがり屋で傲慢な性格だったようで、

巨人の諸先輩方へ生意気な態度を取っていたことで

問題児とされている過去がありました。

 

 

また、彼のブログから見られる悪趣味な文章や素行の悪さ

教育のなっていないヤンキーと嫌悪される原因になっていました。

同世代のきちんとした青年と比較すると、

少々子供っぽいと言いますか、やんちゃな言動が目立っていたんですね。

 

 

巨人の先輩・気弱な同僚に取った態度はまるでヤンキー

 

 

スポーツ界はだいたい職人の縦社会のような構図が出来上がっているのですが、

そんな業界の中、松本竜也は巨人の先輩方に対し、タメ口でモノを聞き、

敬語を使わないことが日常茶飯事だったそうです。

 

 

その上、気弱な同僚や大人しい先輩選手に

自分の荷物を持たせることを強要したりしていたそうです。

何か弱みを握られると、そこに付け込んで強迫でもしてくるのでしょうか。

これらの事実が原因となり、

今では大人とは言えない、子供じみていて自己中心的な性格

と言われるようになった経緯も確かに存在しました。

 

 

松本竜也の日頃の生活 朝帰りは通常・趣味はパチンコ オッサンかな?

 

 

松本竜也選手は趣味がパチンコだったようで、

遊びに行った後は朝帰りという素行の悪さが

日頃の生活でよく見られていたようです。

テレビ露出が多いスポーツ選手として大切な要素である

爽やかで健康的なイメージが、

こういった日々の行動で評判ガタ落ちになっていたんですね。

 

 

また、パンチパーマをかけたりして

注目を浴びようとしたりする派手な行動も目立ちましたが、

もはや習慣的になってしまった過激な言動から

「ヤンキー臭」がプンプンと臭ってしまい、

2chの野球板として有名な「なんj」からも

「調子に乗っている」「DQN(ドキュン)」と嫌悪されていました。

 

 

松本竜也は彼女とラブラブ いちゃつき加減が鬱陶しいと話題に

 

 

松本竜也選手には、学生時代から一筋と決めている交際中の彼女がおり、

意外と一途で真っ直ぐな性格を持ち合わせていました。

(関係者の間でも、「真面目で頼みを断れない性格」という評判もありましたが、

極めて少数派の評価のため、マスコミメディアはあまり注目しませんでした。)

 

 

以前はその彼女とのラブラブの絡みをブログによく公開していたのですが、

そのあまりにも子供っぽくてイチャイチャした雰囲気が世間で話題となり、

問題視した球団が松本竜也のプロ入り後に削除するように指示しました。

 

 

ちなみに、松本竜也さんの彼女の名前は「優菜さん」と呼ぶそうです。

肝心の彼女の熱愛画像・顔写真は既に削除されてしまってありませんでした。

今となっては、当時ネット上でネタにまでなった

松本竜也選手と女性とのラブラブっぷりが見られませんので、

これはこれで残念に思う方も多いようです。

 

 

松本竜也は巨人にドラフト一位だった 一軍も期待された栄光の過去・高校(学生)時代

 

松本竜也 高校 出身 

(上の画像は巨人ドラフト1位の指名を受け、

胴上げされる松本竜也さんの画像です。

まさか野球賭博でその後の人生を棒に振る事になるとは、

当時誰も予想だにしなかったことでしょう・・・。)

 

 

松本竜也さんは香川県が出身地で、

学生時代は、香川県にある英明高校で甲子園出場を果たし、

身長193センチ・サウスポー(左利き)という圧倒的体格から

「英明のランディ・ジョンソン」という異名を取り、栄光の日々を歩んでいました。

 (ちなみに血液型はAB型でした。天才肌!!)

 

 

しかし、プロ野球入団後、肋骨の疲労骨折のケガから手術を行い、

結局プロでは一軍で登板する機会は一度もありませんでした。

 

 

全盛期は145キロ以上の球速でボールを投げていましたが、

2軍の開幕戦での先発では、130キロほどのスピードしか

出せなくなっていました。

 

 

そんな松本竜也選手の成績(戦績)は3勝10敗。

なんともイマイチな成果しか出せず、残念な結果に終わりました。

 

 

 

松本竜也さんは高校生当時、素行が悪い・性格が悪い(顔写真はヤンキーですが)

という噂話もなく、比較的クリーンなイメージでしたが、

結局こんなところまで落ちぶれてしまい、

今回ついに野球界から引退することが決まってしまいました。

 

 

これ以上このような悲しいニュースが流れないよう祈るばかりですね。

(しかし、希望とは裏腹に野球賭博・裏カジノの黒幕や関係者は

スポーツ業界にはもっとたくさんいるように見えるんですよね…。悲しいかな。)

 

 

ちなみに、暴力団が経営する裏カジノとの関係性も明らかとなり

主犯と考えられている福田聡志さん巨人の2軍として在籍していました。

 

 

そう考えると、もしかしたら巨人の2軍という場所が、

あまりよろしくない環境状態にあるのかもしれませんね。

 

 

昔は良き高校球児ピッチャーだった松本竜也さん。

こんな最期を迎えないためにも、アスリートを目指す子供達には

心の教育をより多くする必要があるのかもしれません。

 

 

しかし、契約金7000万円、年棒(年収)700万円だった松本竜也選手は、

今現在の状態から今後どうやって生活していくのか、少し心配ですね。

 

 

松本竜也の現在(追記)今は一体何をしているのか?

 

 

今現在、巨人軍を追われた松本竜也選手の職業は

出身地である香川県で暮らしており、

土木現場のアルバイトの仕事をしているそうです。

 

 

体力と根性には自信のありそうな松本竜也選手なら

確かに建設現場での仕事なんて向いているんじゃないかなと

個人的には思います。

しかし、某週刊誌の取材によると、

松本竜也選手はもう一度プロ野球の舞台に立ちたいと希望しているようです。

 

「僕には野球しかない。もう一度、マウンドに立って勝負したい」

「海外を視野に入れています。やるんだったらメジャー」

 

松本竜也選手は

以上のようにコメントしていましたが、

「だったら何でこんな真似(野球賭博・違法ギャンブル)をしたんだ?」

と突っ込まれる始末です。

 

 

しかも、日本プロ野球界から無期失格処分を受けたので、

メジャーリーグ(MLB)はおろか、

他の野球チームにも入団することは不可能なはずです。

あれだけ大変な不祥事を起こした当事者でありながら、

あまりのぶっ飛び発言に、言葉を失う方も現れています。

 

 

その上、ツイッター上で

「みなさん遅くなりましたけどお騒がせしてすいませんでした!」

と、一言だけポツンとつぶやいていましたが、

このたった一文だけの謝罪に

「ただの平謝りだ」

「ファンと野球を舐めている」

と、元々のイメージも相まって、

ツイート当時は大炎上でしたが、今になっても批判殺到中です。

 

 

松本竜也が野球界のギャンブル汚染を大暴露!

 

 

無期失格処分を受け、巨人軍から解雇された松本竜也選手が、

読売ジャイアンツチーム内部が違法ギャンブルで汚染されているということを

赤裸々すぎる証言で週刊文春自白しました。

ノック練習についての賭けの詳細は、下記の発言です。

 

「“ファンゴ”というノックがあるんです。それぞれのポジションが1か所に集まって順番にノックを受けるんですが、このノックの時に賭けたりとかはありました。エラーしたら、同じ組の人に1万円ずつ渡すんですよ。

賭けるときには“ヘビ”っていう名称になるんですが、練習がファンゴになると、『じゃあ、今日は“ヘビ万”いきますか』っていう感じで始まります。“ヘビ万”はレートが1万円ということです。レートが千円なら“ヘビ千”。ジュースを賭ける時は“へビジュー”って呼んでました」

 

松本竜也選手自身による暴露発言の内容を要約すると、

麻雀やトランプ・野球の試合だけではなくて、

ノック打ち等でも公然と賭けが行われているということでした。

そして、松本竜也選手は、今現在もチームの現役選手に

トランプ賭博の勝ち分約100万円の回収を巡りトラブルになっているそうです。

 

 

今回の一連の松本竜也氏による

驚愕のな暴露行為について、球団側は

 

松本竜也氏の行為は極めて問題があることから警察や当球団の代理人である弁護士に相談した上で、当該代理人を通じて松本氏本人に書面で警告しているところ」

 

とインタビューに答えています。

ここまでキッパリと答えた理由は、

腹いせなのか、情報マスコミに売ってを金儲けするためか、

原因はいろいろと考えられますが、

どちらにせよ、あまり好ましい行為とは言えないかもしれませんね。

(球団側にとっても、世間の混乱を招くし大迷惑でしょうね・・・)

 

 

その上、同じく賭博行為に大きく関与していた笠原将生氏の謝罪内容とは違い、

松本竜也氏の暴露内容は「懺悔」「謝罪」というよりも、

やはり「腹いせ」「真実を大暴露」の色が非常に濃く、目立ちます。

反省の色が見えない内は、メジャーは愚か

野球に関連する仕事にも到底就けなさそうな気がします。

 

 

しかも、松本竜也元選手は現役の選手たちが

賭博にどんどんのめりこむ様子を

「アホなんですよ」と一蹴しています。

取材でこのような言動をしている時点で察してしまいますが、

再出発は非常に厳しいのが現状だと思います。

 

黒い人脈と野球選手

黒い人脈と野球選手

posted with amazlet at 16.03.09
夏原 武
宝島社
売り上げランキング: 7,765

 

上の書籍「黒い人脈と野球選手」は、

近頃のプロ野球界の惨状・汚職事件について

片っ端から詳しそうな関係者にきいて回ったという本なのですが、

まあ黒い黒い。

本の題名も「黒い人脈と野球選手」ですが、

その名の通り、プロ野球界と闇の業界とのつながり・

ドス黒い業界の様子がうかがえます。

 

 

正直言って、汚職ゼロのクリーンな野球界はもう無理なのではないかと

諦めてしまいそうになりますが、

今回の野球とばく事件や清原和博氏の事件が起因となり、

少しずつキレイな世界になっていくことを願うばかりですね。

 

 

関連記事(もしかしたら野球界ってどうしようもないのかもしれない・・・)

リッチギーな性格の高木京介の妻画像 兄弟・両親(父親・母親)と現在

福田聡志投手がギャンブルで逮捕? 原因は野球賭博の借金の取り立て

(第二の人生!?)笠原将生の飲食店(ウニ料理)地図で見た位置・場所(画像)

笠原将生父親・弟画像写真 ヤンキー性格悪い理由は家族構成にあり?

清原和博の逮捕原因は覚せい剤(麻薬)所持(画像)デブから痩せた理由も

清原和博の兄弟と両親(父親・母親)実家の職業と自宅の地図画像も

ダルビッシュ兄弟は何人?(有・翔・KENTA)現在の野球賭博逮捕者は次男

現在ギャンブルで有名な桃田賢斗の両親画像・兄弟(姉) 素行や性格

 

スポンサードリンク

3 Responses to “松本竜也ヤンキー的素行と性格 ドラフト1位も現在の近況は自業自得”

  1. さよか より:

    AB型が天才肌とは初めて聞いた。挙動不審なやつばっかでひとりもそんなやつ見たことない。
    有名人でも羽生名人くらいだね、あの人だけだと思う

  2. さよか より:

    血液型占いを信じている池沼の方がよっぽど挙動不審な件について

  3. 三木町人 より:

    「高校時代がクリーンなイメージ」だとは片腹痛い話。
    隣駅から通う英明高校理事長目も憚らず、通学の電車でもしょっちゅう不正乗車(無人駅から乗って下車時に不正申告)してましたし、そんな類の話は他にもいろいろありますけど

コメントを残す

このページの先頭へ