にんたまジャム 効果は血圧や糖尿病だけでなくダイエットや美容も

にんたまジャム

にんたまジャムの効果はアンチエイジングからガンの予防まで実にさまざま

私もこれを食べれば絶賛エイジングボディから脱出できるかなあ。

 

 

「あさチャン」で放送されて以来、話題沸騰中のにんたまジャム

料理に混ぜれば旨みがアップする万能調味料になり、

食べれば高血圧や糖尿病といった生活習慣病にも効くという

万能アイテム。

 

 

そんな便利アイテムですが、

効果や作り方などについて改めて調べてみることにしました。

 

 

にんたまジャムの効果・効能・特性

 

 

高血圧・糖尿病の改善

動脈硬化・がんの予防効果

疲労回復

精神不安定・不眠症の解消

アンチエイジング・ダイエット効果(これは私としても超絶絶対重要項目!)

むくみ・冷え解消

 

などなど。便秘体質も改善されたという報告もありました。

 

 

なんとなく体調が優れない。生活習慣病の恐れがある。

忙しい毎日を送っている社会人にもおススメのようです。

 

 

 

ちなみに、効果を得るための1日当たりの摂取量

にんたま開発者である村上祥子さん曰く、

ティースプーン山盛り1杯(大さじ1杯)とのことでした。

 

 

にんたまジャムのレシピ 簡単に作れるの?保存は持つの?

 

 

材料について

 

たまねぎ:500g

にんにく:100g

水:100ml

はちみつ:80g

レモンの絞り汁:大さじ2杯

 

 

作り方について

 

・たまねぎ(大きいときは2~3等分に切る)・にんにくは皮をむき、

適当な大きさに切ります。

 

・耐熱ボウルに切った玉ねぎとにんにくを入れ、水を注いでラップする。

電子レンジ600wで12分ほど加熱します。

 

・電子レンジから出したら汁ごとミキサーに入れ、

レモン汁・はちみつを加えてなめらかになるまで

ミキサーを回します。

 

・なめらかになったら、再度耐熱ボウルへ移す。

今度はラップをせずに電子レンジ600wで

6分ほど加熱します。

 

・熱い状態の内に瓶へ移してふたをします。

 

・完成!

 

にんたまジャム1

工程は意外と簡単そうです。

これなら面倒くさがりの私でもできるかも!です。

 

 

保存の方法。消費期限はどれくらい持つ?

 

常温で1か月、

開封後は冷蔵庫で2か月ほど持つそうです。

 

 

臭いはやっぱりくさいの?美味しいの?食べても大丈夫かな…?

 

にんたまジャム3

 

においについては私も気になっていましたが、

やはりにんたまジャムを作っているときには

にんにくと玉ねぎ独特の臭いは出るそうです。

 

 

しかし、食べてみるとりんごジャムのような食感でおいしく、

においもしないとのことでした。

 

 

 

 

にんたまジャム開発者の村上さんは、

以前玉ねぎ氷でも話題になりましたが、

今回の発明品である人たまジャムは、

前よりももっと使いやすくなっていますし、

効果も期待できそうですね!

 

 

 

 

こちらはにんたまジャム開発者、

村上祥子さんのにんたまジャムレシピ本だそうです。

 

おいしい料理のアレンジ方法、

にんたまジャムの活用法がたくさん載っているので

料理好きには便利な1冊になるかもしれません。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ