B・B・キングさんが死亡した原因は何?入退院の理由は糖尿病だった

bbキング 死亡 原因

ギターを演奏するB・B・キングさん。

いやしかし「ブルースの王様」というだけあって貫録あるしシブいっすね。

私もこんなカッコイイおじい様になれるかな?なれないかな?

 

 

 

B.B.キングさんが死去。原因は糖尿病による脱水症。

 

昨年10月に行われたシカゴでの公演中、体調を崩して脱水症と診断され

残ったツアー公演を中止していたB・B・キングさん。

今年(2015年)4月に糖尿病による脱水症のために

緊急入院をされておりました。

 

 

しかし、5月2日に自宅でホスピスケアを受けることを決め

退院したのですが、その後体調が回復しなかったのか、

89歳で亡くなりました。

 

 

恥ずかしくて今さら聞けないわ!!でも、B・B・キングさんってどんな人なのかしら?

 

音楽に興味のない方は知らなくても恥ずかしくありませんので

どうぞご安心ください。

 

 

B.B.キングさんは、1925年、ミシシッピ州で生まれました。

 

1950年代から今までの間ずっとブルース界の第一線で

活躍してきたすごい方で、そのため「ブルースの王様」とも呼ばれています。

 

 

1987年にロックの殿堂入りを果たした他、

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」

で2003年に3位、

2011年に6位にランクインしていました。

 

bbキング 死亡 原因

実はB.B.キングさん、糖尿病の闘病生活は20年にも渡ったということなので

とても辛かったのでしょうが、

その後活躍したギタリスト達にも多大な影響を与えるような

活動をし続けたなんて、すごいおじいさんですね・・・。

こんな風になれるかな?とかアホなこと言っちゃいましたけど、

これはB・B・キングさんにもちょっと失礼でしたかも・・・。

 ご冥福をお祈り申し上げます。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ