松本人志の筋肉マッチョ肉体美(画像・写真)まっちゃんジム筋トレの理由

松本人志 筋肉マッチョ 原因 理由

ダウンタウンの松本人志(愛称:まっちゃん)さんが、

ここ数年で筋肉隆々のマッチョな肉体改造に成功していることが話題になっています。

(上の画像を見ても一目瞭然、プロレスラーやラグビー選手のような筋肉美です。)

 

 

最近は、このガタイの良い松本人志さんを見慣れてしまっているので

何とも思わない人も増えてきましたが、以前は身体全体が細くてガリガリで頼りない、

もやしっ子という言葉がピッタリの体格でした。

 

 

今回は、そんな筋肉マッチョマンに変身した松本人志さんの

過去の画像と今現在の写真で体格の差を比較してみたいと思います。

また、なぜ体を鍛えようと思ったのか?いつから・どこで筋トレを開始したのか?

トレーニングジムで筋トレを始めた理由・原因についても紹介したいと思います。

 

関連記事

カズレーザーは高学歴(高校大学)メイプル超合金の経歴と事件物件(画像)

デーモン小暮閣下の本名・素顔(すっぴん画像)年齢 意外な経歴・学歴

オードリー春日がボディビルダーで成功した理由はケチな性格

女嫌いなケンドーコバヤシの元彼女と結婚相手・逮捕歴・本名の噂話

子供のゲームを破壊した高嶋ちさ子のヒステリックな性格の話(画像)

 

筋肉マッチョになる方法

 

ダウンタウン松本人志の現在と過去の体格比較(写真・画像)まるで別人のような体型に

 

 

今現在の松本人志さんの画像を見ても、昔との違いがよくわからないと思いますので、

まずは過去のダウンタウンの写真から見ていきたいと思います。

 

 

松本人志 過去の画像・顔写真 昔はヒョロガリ体型だった

 

 

松本人志 肉体美 写真 画像

 

こちらは 1990年代前半のダウンタウン・コンビの写真です。

ものすごい時代差を感じるとともに、ダウンタウンのまっちゃんと

その相棒・浜ちゃんは、意外と普通な青年という雰囲気です。

そして細い、体格がほっそりしています。

 

 

ダウンタウン 松本人志 過去 写真 昔 画像

 

次に、昔は大人気番組で大人から子供まで全員見ていたテレビのバラエティ番組、

「ダウンタウンのごっつええ感じ」からのダウンタウンお二人の画像です。

 

 

松本人志さんは、徐々に今の顔つきに似てきていますね。

頭の髪の毛・髪型はフサフサですが、頬のシワが特徴的です。

対する浜田雅功さんの方はというと、

何だかチンピラみたいな方向性に外見が成長しちゃいました。

 

 

ちなみに「ダウンタウンのごっつええ感じ」を見た人がいない人、

漫才がつまらないと感じる人は、絶対に一度見た方がいいです!

今では放送できないようなムチャクチャな内容は、見ると必ず笑いますよ。

これこそがダウンタウンが天才たる所以、証拠だと私は確信しています。

 

 

まっちゃん ハゲ 腕細い 画像 ガリガリ

 

話を元に戻します。こちらの写真はとある会議室での松本人志さんの画像です。

半袖Tシャツを着用しているので腕が丸見えですが、

胸板も腕の筋肉も薄くて、筋肉のパーツだけ見るとヒョロッとした雰囲気です。

 

 

このように、昔の松本人志さんの画像や顔写真を見ていると、

決して人並み優れた体格を持っていたわけではない、

むしろ細い体型だったことが分かりますね。

 

 

今現在の松本人志の画像・写真集 どこぞのプロレスラーのような筋肉マッチョに大変身!

 

 

まっちゃん 胸筋 上腕二頭筋 腕 筋肉

 

ヒョロガリ体型だった松本人志さんが一変、(実際は徐々にですが)

現在は薄着になるとプロレスラーのような筋肉マッチョな体型が見え隠れする状態になりました。

上のロケ中の映像写真を見てみると、他のメンバーと比べてみても

いかにガッシリした体格になっているかがよく分かります。

 

 

まっちゃん 筋トレ トレーニング プロテイン

 

こちらは女性との記念撮影中の松本人志さんの画像です。

女の子と一緒に並ぶと、胸板の厚さと腕の太さがゴツいのが一目瞭然ですね。

やはり女性からしても、鍛え抜かれた肉体美と言うのはウットリするものなのでしょうか?

 

 

まっちゃん ガタイ 良い カッコイイ 画像

 

と思っていましたが、まっちゃんが一人街中で立っていてもガタイの良さが目立っていました。

私服を着て素肌を隠しても、威圧感があり、大迫力な体格が周辺の人々を威嚇します。

女性からすると、この緊迫感・圧力が

頼れるオーラ・魅力ある人・自身のある人に見えるのでしょうか?

(うーん、私も筋トレ始めようかなあ。)

 

 

筋肉マッチョな肉体美を活かしてCMにも多数出演するようになった松本人志さん(画像)

 

 

さて、過去と現在の松本人志さんを見ることで

「人は努力すれば必ず報われる」

「人は頑張ればいつでも変われる」

という嬉しい結果を知ることが出来ました。

 

 

そして、松本人志さんも人生の活躍の場が増えたのか、

これまでの細身な体型なら絶対に出てこなかった場所にも露出するようになっています。

 

 

郵便配達員で元気でマッチョなおっちゃんを演出するまっちゃんの画像

 

 

郵便局 まっちゃん ダウンタウン CM 画像

 

「バカまじめ」をキャッチフレーズに

一生懸命でクリーンなイメージづくりを目指す郵便局。

松本人志さんは、郵便局の配達商品「ゆうパック」の配達員になり、

さわやか青年に負けないダッシュ力と真面目さをアピールしています。

 

 

そして、画像を見ても分かりますが、

胸板と腕の筋肉のチラ見せで、さわやかにムキムキな肉体を

同時にもれなくアピールしています。

 

 

「タウンワーク」CMにも進出する松本人志さんの写真・動画・メイキング映像集

 

 

松本人志 車掌さん

 

また、近頃は「タウンワーク」の新しいCMにも出演していました。

上の画像はさわやかに半袖と手袋の間の筋肉を見せつける松本人志さんですが、

この他にもエレベーター前の「清掃員役」として働く姿を撮影する

CMメイキング映像も、動画サイト「ユーチューブ」アップされていました。

 

 

これって、いい歳したおっちゃんだけど、筋肉が隆々としているまっちゃんだからこそ

ピッタリな役割ですよね。

汗をかきながら良い笑顔で働くおじさんは、やっぱりカッコイイです。

 

 

また、松本人志さん自身も自分の体に自信があるのか、

のびのびと役柄を演じているように見えます。

しかしながら、アルバイトや就職活動に臨む人達に明るい希望をもたらしてくれる、

いい動画ですね。

 

 

まっちゃんがトレーニングジムで筋トレを始めた理由 結婚した事が原因だった?

 

 

こうして、肉体改造することで自分のイメージをさらにプラスに変え、

活躍の場所すら増やすことに成功した松本人志さんですが、

一体どうしてムキムキマッチョになるレベルまで筋トレをしようと思ったのでしょうか?

 

 

 

その理由は、2つありました。

一つは、松本人志さん自身が自分の身体にコンプレックスを持っているから

ということが原因だったそうです。

(確かに、普通の人よりもやや細めくらいのスリムな体格でしたからね。)

 

 

そして、もう一つの理由は、

結婚した妻(奥さん)と、産まれた子供(娘)を守るためにも

自分の体を鍛えなければいけないと思ったからだそうです。

 

 

 

松本人志さんってお笑いのイメージしかありませんでしたが、

意外と純情というか、一途でやさしい性格も持っているんですね。

 

 

松本人志さんは、昔は独身貴族を名乗って「結婚はしない、あり得ない」

と、よく話していた記憶があります。

 

 

そして、40歳を過ぎてから、ついに一回り以上年下のお嫁さんと婚約しましたが、

入籍・妊娠・出産と家族のイベントが増えるたびに、

家庭への愛情が少しずつ芽生えていったのかもしれませんね。

 

 

また、松本人志さん自身は、

「ちょっと筋トレで体を鍛えているうちに面白くなってきた。」

とも話していますが、ベンチプレス100キロも持ちあげる程の怪力を手に入れたことを考えると、

本当にすごいですね。

 

 

筋トレを始めたきっかけとなったのは、

2002年、2003年に放送されたテレビ番組「サイボーグ魂」が影響のようですが、

ここまで肉体改造するためには、よほどの筋トレメニューと継続力が必要なはずです。

「継続は力なり」という言葉は本当だったんですね。

 

 

 

 ダウンタウンのまっちゃんは、

その道のプロから専属のトレーナーを紹介してもらったみたいですが、

 凡人の私は、まずはこれから始めてみようかなあ。

(最近の世の中は本当に何でも揃う時代になりましたね。情報社会に感謝!!)    

 


 

やっぱり男はマッチョに限るっしょ!!

 

 

関連記事

カズレーザーは高学歴(高校大学)メイプル超合金の経歴と事件物件(画像)

デーモン小暮閣下の本名・素顔(すっぴん画像)年齢 意外な経歴・学歴

オードリー春日がボディビルダーで成功した理由はケチな性格

女嫌いなケンドーコバヤシの元彼女と結婚相手・逮捕歴・本名の噂話

子供のゲームを破壊した高嶋ちさ子のヒステリックな性格の話(画像)

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ