ファイナルファンタジー7(ff7)のリメイク 発売日はいつになるのか

スポンサードリンク

 

アメリカ・ロサンゼルスにて開催中の世界最大のゲーム見本市、E3にて

ファイナルファンタジー7(FF7)PS4でリメイクされることが正式発表されました。

 

その気合いの入った動画を見た観客は大歓声!

キレイなグラフィックで動くキャラクターをインターネットで見た私も大興奮!

誰もが願っていたFF7のフルリメイク作品。

発売日は一体いつごろになるのか!?

 

 

ファイナルファンタジー7のリメイク 発売日は早くても3,4年後!?

 

 

この最新グラフィックでファイナルファンタジー7を遊べるのは

早くても3,4年後になると言われています。

(遅すぎイイィィ!)

 

「早くFF7を遊びたいのに、そんなに待たされるのか!?」

と不満に思うのも無理はありませんが、

これまでのゲーム発売日の流れから考えると

どうしても発売まで最低3年はかかりそうです。

 

 

待望のFF7がリメイク 発売日はなぜ遅くなるのか

 

 

最先端美麗グラフィックで動くクラウドとその仲間達。

この映像を見てスクウェア・エニックスが気合い十分なのはよくわかりました。

 

 

しかし、こんなにキレイな映像で遊べるゲームであれば

それ相応に開発期間も長くなってしまうのが

日本のゲーム会社の特徴でもあります。

 

 

ファイナルファンタジーシリーズもその例のひとつで

スーパーファミコン、プレイステーション、プレイステーション2、プレイステーション3

とハードの性能が上がり、開発にお金と労力がかかるようになるにつれて

リリースするタイミングも遅くなっています。

 

 

その証拠に、PS3で発売されたFFは、ファイナルファンタジー13のみで、

同時開発されていたファイナルファンタジーアギト13というゲームは

あまりにも開発に時間がかかり、名前をFF15に変更されてプレイステーション4で

開発されることになってしまいました。

 

 

アメリカのゲームの発売日はなぜ早い?日本のゲーム会社との違い

 

 

その点、アメリカなど外国のゲーム会社は大規模な開発環境を整えます。

巨大資本でたくさんの人材と快適な開発環境、そして開発に必要なデータなどを集め

効率的にゲームを開発しています。

 

 

実際にアメリカのゲーム会社を見てみるとわかりますが、

日本とは比べ物にならないくらい大きな規模で開発しています。

 

会社は大きい、オフィスは広い、環境が最新かつキレイ、開発チームは全員で何百人もいる、

日本の会社と比べると、大手企業と中小企業というような感じになりそうです。

 

 

アメリカの大人気ゲームシリーズでは、

次世代機でも何タイトルもゲームが発売されているのをよく見ますが、

それにはこういった根拠のある理由があったんですね。

 

 

ですので「FF7のリメイクはいつ発売されるのか?」

という点については、最低でも3,4年、

最終的には2018年~20年頃が発売日になるのではと思います。

 

 

なんだかFF7発売日まで少し気が遠くなりますが、

スクウェア・エニックスさんも私たちFFファンの期待に応えようと

開発に必死だと思います。

 

 

ファイナルファンタジー7のリメイク

とても驚きましたし、「すぐにやりてえええぇぇ!」

と発狂しそうになった私でしたが、

ここは応援しながらFF7リメイク発売日までひっそりと、

忍耐強く待とうと考え直すことにします。

 

 

ff7のその後の物語が舞台のFFVII ADVENT CHILDREN

COMPLETE 盤というものが販売されていました。

 

コンプリート版はブルーレイ画像で見れるので

メチャクチャキレイみたいですね

 

 

私は通常のDVDをかなり前に観たのですが

久しぶりにもう一度観てみようかなあ。

 

しかし、このアドベントチルドレン並みのグラフィックで

FF7ができることを考えると、やっぱりワクワクしますね!

 

発売日まで待ち遠しいです!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ