東京五輪エンブレムマークはパクリ?似ている・そっくり問題の画像

東京五輪 エンブレム そっくり

以前の記事「和の雰囲気があって、かつ独創的なデザイン」

と勝手に絶賛評価してしまった東京五輪のエンブレムマーク。

 

 

しかし、ここ最近世界各地で「似ている・そっくりなロゴデザインがある」

と噂になり、

「これはパクリだ!真似だ!著作権侵害だ!直ちに使用停止を求める!!」

と東京オリンピック公式ロゴデザインを使用停止するよう

異議申し立てを行う劇場まで現れました。

 

一体全体、このエンブレムデザインは

誰のモノで、誰のオリジナルデザインなのでしょうか?

 

(最近の東京五輪エンブレムと佐野氏をめぐる動きはこちら

佐野研二郎のデザイン盗用・パクリ画像 東京五輪ロゴも変更・公募へ)

 

東京オリンピックのエンブレムとソックリ・似ているロゴ画像集

 

 

2020年東京オリンピックの正式なエンブレムとソックリなロゴは、

2つあります。

 

 

まずひとつ目が、ベルギーにあるリエージュ劇場

シンボルとなっているロゴマークです。

東京オリンピック パクリ 写真 マーク

一番上の2020年東京五輪エンブレムの画像と比較してみると

なるほど、どこからどう見てもそっくりで

パクリだ、詐欺だと言われても仕方がないレベルな気もしますね…。

 

 

ちなみに、冒頭で書いた「使用さし止めを求める異議申し立て」

を送ったのは、このリエージュ劇場のロゴマークをデザインしたデザイナー、

「オリビエ・ドビ」さんです。

 

 

ドビさんは、この相似している2つのロゴデザインについて

「盗作の立証は難しいかもしれないが、

私のデザインは何年も劇場のロゴマークとして使われ、浸透している。

東京五輪のエンブレムのデザイナーが、どこかで見たとしてもおかしくない」

と話しています。

 

 

ドビさんの立場から考えると、気持ちはよくわかるような気がします。

盗んだつもりはなくても、インスピレーションが湧いたと思っていたつもりが

実際は一度そのデザインを見ていたんじゃないか、ということですね。

 

 

 

次に、二つ目のロゴマークですが、

こちらはスペインのバルセロナにある

「ヘイ・スタジオ」のシンボルデザインです。

東京五輪 そっくり 画像 ロゴ

こちらの画像は、同スタジオのホームページ(HP)に掲載されているもので、

スマートフォン専用の壁紙・写真としても利用されています。

 

 

デザインが似ているというよりは、

配色や使用している形に相似性があるような感じですね。

 

 

「ヘイ・スタジオ」は、日本の東京五輪ロゴマークについて

「偶然の一致ではないか」としつつも、

「(五輪のエンブレムという)重要な案件に、

インスピレーションを与えたとしたら誇りに思う」

と話していて、法的な措置をとる予定はないそうです。

 

(海外の人達ってみんなベルギーみたいな対応するのかと思っていましたが、

意外と寛大で紳士な性格の人もいるものなんですね。

なんかロゴの事とは大幅にずれた所で思わず驚いてしまった私でした。)

 

 

東京五輪のエンブレムデザインは日本デザイナーオリジナルなのか

 

 

 

2020年東京五輪エンブレムのパクり疑い事件一連の騒動について

国際オリンピック委員会(IOC)のマーク・アダムス広報部長は

「大会組織委員会は長期にわたり、

明快で透明性のある手順でこのエンブレムを選考した。

正当な商標調査も経ている」

 

と、IOC総会が開幕したクアラルンプールにて、

東京五輪のエンブレムデザインが

あくまでオリジナルだということを発表しています。

 

 

また、高谷正哲・戦略広報課長も

「国内外の商標調査を経て発表したもので、法務上は全く問題ない」

と見解を示していたので、

とりあえず違法だとか盗作だとか、そういう心配はなく

2020年の東京五輪エンブレムロゴが変更されることもなさそうです。

示していたのですが、

9月3日現在、使用中止することが決定しました。

(これには、佐野氏がこれまでにデザインした商品に

数々の作品との類似点があったことが判明し、

海外だけではなく、日本国内からも反発を受けたことが原因になっているようです。)

 

 

ちなみに、大会委員長の武藤敏郎事務次長は

「私どもからすれば、相当な違いがあるなと感じた」

と話していたり、

 

東京五輪のデザインを担当したデザイナー、佐野研二郎さんも

「わたしの目から見たら、色んな所に違いもあり

全く似ていない、私独自で考えたオリジナルデザインです。」

というようなことを話していました。

 

 

私たちからすれば、周りから言われるだけで

「これってパクリじゃない!?マネしてるんじゃないの!?」

と疑問に思ってしまうところですが、

専門家からすれば、大きな違いに見えるんでしょうか。

 

 

とりあえず、2020年の東京オリンピックのシンボルともなる

今回のデザインが、盗作などといった残念な結果になることもなく

今後も使用されることになりそうで、一安心ですね。

 

 しかし、東京オリンピックには

それ以上に大きく深い闇が潜んでいた!?Σ(゚Д゚)

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ